お弁当作りやランチにおすすめの冷凍食品

ランチの時間に職場で食べるお弁当や家族のお弁当など、毎日のお弁当作りに役立つ冷凍食品・冷凍惣菜をご紹介します!
スーパーで購入できる冷凍食品よりも本格的な手作り感を味わえる冷凍惣菜のおかずを使えば、いつもよりもワンランク上のお弁当が作れます。
管理栄養士が監修した栄養バランスのの良い、健康的なおかずをお弁当に利用できるので、コストを抑えながら健康的で美味しいお弁当に仕上げられます。
このページでは、お弁当に活用できる冷凍した冷凍食品を特集します!

お弁当に使える冷凍食品を単品で購入できるサービスは?

 

コンビニやスーパーなどでも冷凍食品や惣菜は購入できますが、通販で購入できる冷凍おかずは、毎日のお弁当作りに活躍してくれます。
冷凍惣菜の魅力は、一般的な冷凍食品よりも手料理感を味わえることです。
また、スーパーやコンビニで購入できる惣菜とは違い、冷凍保存できるため長期間の保存が可能なので冷凍庫にストックしておけることが魅力です。

 

冷凍惣菜を通販で購入できるサービスはいくつかありますが、その中でも味が美味しいと評判なのが「わんまいる」です。
わんまいるで購入できる単品のおかずは、冷凍保存の状態で配送され、冷凍の状態でちゃんと保存できていれば賞味期限が5ヶ月間という長期間の保存が可能です。
しかも、冷凍保存が難しいと言われている和食も、高い冷凍技術で冷凍されているため、美味しい状態のまま長期間の保存を可能にしています。

 

特に和食の冷凍惣菜の種類が豊富なので、和食が好きなお父さんのお昼のお弁当づくりに活躍してくれます。
和食だけでなく、ハンバーグや麻婆豆腐など子供に人気のメニューも豊富なので、子供のお弁当として役立つ惣菜も充実しています。
わんまいるの冷凍食品は、ワンランク上の美味しいお弁当を作りたい方におすすめです!

 

冷凍惣菜はお弁当作りの手間を減らしてくれる!

冷凍惣菜・冷凍食品は、美味しさはもちろん、毎日のお弁当作りの手間を軽減してくれることが魅力です。
冷凍惣菜なら、電子レンジや湯せんで温めてお弁当に盛り付けるだけでお弁当が完成するので、前の日の夜からお弁当の準備をする必要もありません。
自分で作るとしたら皮むきなどの下ごしらえや長時間の加熱調理は必要になります。
家族に美味しいお弁当を食べさせたい!と思っても、手のかかるお弁当を作るのは難しいという方も多いと思います。
短時間で作れる簡単なおかずは自分で作り、手のかかるおかずは冷凍惣菜を利用するという形で、お弁当作りの負担を軽減できるのでおすすめです。

 

従来の冷凍食品と比べて味はどう?冷凍総菜は美味しい?

一昔前までは、冷凍食品は美味しくない!というイメージを持っている人も多かったと思います。
冷凍食品よりコンビニの惣菜の方が美味しいのでは?と思う人もいるかもしれません。
しかし、昨今の冷凍食品のレベルの高さは目を見張るものがあります。
以前の冷凍技術は今と比べて非常に低く、冷凍することで食品自体の美味しさを失ってしまっていましたが、昨今の冷凍技術の向上で「冷凍食品だから美味ししくない!」というイメージを払拭することに成功しています。

 

特に、「わんまいる」の冷凍惣菜は、作った直後に急速冷凍しているため、冷凍されている状態でも美味しさを失っていません。
湯せんで解凍すると、作りたての美味しさをそのままに再現してくれます。
コンビニの惣菜は年々味が向上しつつありますが、それらの冷蔵惣菜に負けない美味しさを冷凍惣菜で味わうことができます。

 

通常の冷凍食品と通販で買える冷凍惣菜はどちらが安い?

スーパーなどで購入できる冷凍食品は200円から500円程度で購入でき、おかず1個当たりの価格に換算すると数十円でお弁当のおかずとして盛り付けることができるので食費を低く抑えるのに活躍してくれます。
昨今では、セブンイレブンやローソンなどのコンビニで、パック詰めされた惣菜を手軽に購入できるようになりました。
その惣菜を利用してお弁当に入れる人も多いようですが、その惣菜の価格は決して安くはありません。

 

節約するためにお弁当を作っているのに、結果的にお弁当作りに食費がかさんでしまう…という悩みを持っている人も多いと思います。
スーパーやコンビニで購入できる惣菜は賞味期限も短く、2日から2週間程度しか日持ちしないため、短期間で使い切らなくてはいけないというデメリットもあります。
一方、通販で購入できる冷凍惣菜、通常の冷凍食品の価格と比べても大差なく、1品当たりの価格が安いことに加え、冷凍保存すれば数ヶ月間の保存が可能です。
価格の安さと美味しさを併せ持った冷凍惣菜は同じくらいの食費で、毎日のお弁当のクオリティをワンランク上のものにしてくれるのでおすすめです。

 

冷凍惣菜の温め方法は簡単?

スーパーなどで購入できる冷凍食品は主に電子レンジでの温めとなりますが、冷凍惣菜は、電子レンジで温めるタイプと湯せんで温めるタイプがあります。
「わんまいる」の宅配食は湯せんでの温めとなります。
電子レンジではなく、湯せんでの温めだからこそ、魚料理や和食の美味しさを失いにくいのかもしれません。
朝の忙しい時間に湯せんで温めている時間はない!と思う方もいるかもしれませんが、すべてのおかずを電子レンジで解凍するタイプで揃えてしまうと弊害もあります。
電子レンジが一つしかないために、いくつものおかずを温めるためには結果的に温めの時間がかさんでしまうという問題です。
電子レンジで温めるおかずと、湯せんで温めるおかずを分散させることで、同時に複数のおかずを温めることができるので結果的に時短になります。
おかずの温め時間の節約にもつながるので、湯せんで温めるタイプの惣菜を利用するのもおすすめです。

 

冷凍食品で有名なニチレイフードサービスの冷凍惣菜

冷凍食品を販売する会社はとても多いですが、その中でも有名な会社にニチレイがあります。
ニチレイは古くから味に定評のある冷凍食品を提供している会社として有名ですが、そのニチレイは宅配食のサービスも行っています。
ニチレイが持つ高い冷凍技術で、作りたての美味しさをそのままにパッケージした冷凍弁当は、多くの愛用者がいるほど評判です。

 

ニチレイフードサービスは冷凍弁当以外にも単品のおかずを注文することも可能ですが、冷凍弁当のセットを注文してお弁当代わりにするのもおすすめです。
単品で注文できるハンバーグやピラフなどは、小分けにして家族のお弁当のおかずとして盛り付けてもいいと思います。
特におすすめなのは、ウーディッシュセットとという女性向けのメニューです。
このウーディッシュセットは、ご飯も含めて400kcal以下に設定されているので、カロリーが気になる女性の毎日の食事としてもおすすめですし、女性に嬉しい栄養を摂取したい方におすすめのセットです。
ウーディッシュセットはお弁当タイプなので、冷凍したまま職場に持ち込んで、職場の電子レンジで温めて食べる。という使い方もおすすめです。
毎日のお弁当の準備をしなくてもいいですし、お弁当の容器は使い捨てなので職場で捨てられるというのもメリットです。

 

とにかく美味しい!ニチレイの冷凍食品

ニチレイの冷凍食品・冷凍弁当はレンジで温めることで食べれるので市販の冷凍食品と同じです。
市販の冷凍食品を自宅で温めて、ランチのお弁当として職場に持ち込む人も多いかと思いますが、冷凍食品は以外にもコストがかかるものです。
しかし、ニチレイフーズダイレクトの宅配食は、お弁当に詰め込みなおす手間もないことに加えて、結果的に安く美味しいお弁当を食べられるので、コスト面でも味の面でもおすすめできます。

 

 

トップへ戻る