会議やセミナーのお弁当におすすめの冷凍弁当

会議弁当

 

会社の会議やコミュニティの集まり、セミナー参加者へのお弁当など、人が多く集まるビジネスの会合や打ち合わせの際、ランチや夕食を提供する場面にも冷凍弁当は活躍してくれます。
イベントや会議を行う場所の周辺の仕出し弁当屋さんに依頼するのも良いですが、依頼する際に色々と悩まされる点もあります。
それは、参加人数が当日でないとはっきりしない場合や、参加者の方の食事の好みなどです。
特に参加人数がはっきりしない場合は、注文を担当する際に余分に注文した方が良いのでは?など色々と悩んでしまうものです。

 

 

会議参加者の人数分ピッタリ用意できる

人数分のお弁当を過不足なくぴったり注文するのは至難の業であったりもします。
ぴったり注文していても、急に参加人数が増えたり、急にキャンセルが出てしまったりと、結局無駄になってしまうお弁当が出たりとうまくいかないことも多いと思います。

 

こんな問題を生み出さないメリットを備えているのが冷凍弁当です。

 

冷凍弁当は、電子レンジで温めるだけですぐに食べられるものですし、3ヶ月から9ヶ月程度の長期間の保存が可能なので、余分にストックしておけば、急に参加者が増えても、必要な分だけ温めればもれなく食事を提供することができます。
急なキャンセルが出たりしても冷凍保存しておけば腐らないので、また次回の会議などで利用できます。
足りない、余ったなどの数の調整が楽で、無駄なく必要な分だけの食事を提供できる食事として冷凍弁当は活躍してくれます。

 

参加者の好みに合わせて提供できる

冷凍弁当を会議弁当に使うメリットは他にもあります。
会議やセミナーに参加する方それぞれの好みに合わせて多くのお弁当を用意することはなかなか難しいので、複数の種類のお弁当を注文して、その中から選んで貰うというスタンスをとっている場合が多いと思いますが、冷凍弁当でも複数の選択肢を用意することができます。
しかも、冷凍弁当の場合は、当日参加者に用意されているお弁当の種類を提示し、選んでもらってから温めれば無駄なく好みに合わせた食事を提供できるので、参加者の満足感も得られます。
美味しい定番メニューの冷凍弁当を5種類ほど多くの量を注文して、冷凍庫にストックしておくのがおすすめです。

 

社内の会議におすすめ

ビジネスシーンにおいて、一緒に食事をするという場合は食事のメニュー選びなども商談に影響が出るとも考えられているので安価なお弁当は相手に失礼ではないか?と不安を持つ人もいると思います。
社外の取引先の方を含む会議の場合は街の仕出し屋さんのお弁当や、高級な弁当を注文して利用するのがおすすめですが、社内の会議などに使用するのはコスト面も考えた冷凍弁当を使う、という様に状況に合わせて利用するのがおすすめです。
社内ランチミーティングや社内研修など一定美味しさも味わいながら、コスト面でも安心の冷凍弁当を利用するのが良いです。

 

夜間会議などにもピッタリ

夜、残業時の会議や集まりの場合は、街の仕出し弁当屋さんの営業は終了していることがほとんどだと思います。
出前をとって会議の前の食事とするのも良いですが、時間のコントロールが難しい場合もありますし、参加者の好みを考慮して何を注文するかを検討するのも面倒な場合もあります。
こういう場合でも冷凍庫に冷凍弁当のストックがあれば、ストックの中から選んでもらって温めてすぐに食べられるという利便性から、会議の時間のコントロールも楽になりますし、結果的に時間の節約と経費削減に繋がるのでおすすめです。

 

価格が安い!

冷凍弁当を利用するメリットはそれだけにとどまりません。
会議のランチなどに使われる一般的な仕出し弁当は、その地域ごとに相場は異なりますが1食当たり800円から2000円程度と比較的高めです。
豪華な食事を食べて仕事への活力をアップさせるという意味では、高額な仕出し弁当を頼むのも良いと思いますが、この価格帯のお弁当を人数分用意するとなるとコストが大幅に高くなってしまいます。

 

価格も抑えながら美味しいお弁当を用意するのであれば、冷凍弁当がおすすめです。
冷凍弁当の場合は500円代から高額なものでも800円程度で賄えるので、人数が多い会議であればあるほどコストが軽減できます。
例えば、10人が参加する小規模な会議で、1食1000円の仕出し弁当を利用した場合は、費用1万円です。
1食600円の冷凍弁当を使用した場合は10食で6000円と、約半分の経費で済んでしまいます。

 

これが参加者人数100人程度の比較的大きな規模のセミナーなどの場合は、コストが大きく違ってきます。
100人×1,000円 = 10万円 となりますが、1食600円の冷凍弁当を利用した場合は
100人×600円 = 6万円 とかなり軽減できます。

 

もちろん、電子レンジで1食ずつ温める必要があるので、1台のレンジで調理するのを考えるとやや無理がありますが、少人数の会議を複数回繰り返すとこれと同様のコストの違いが出てきます。
注文する際のストレスや手間を加味すれば、会議における食事を冷凍弁当に切り替えるメリットは十分に感じられると思います。

 

 

仕出し弁当が近くにない場所での会議・セミナーにも

セミナーは会議を行う場所の近くに、仕出し弁当屋さんがない地域の場合は冷凍弁当を予め注文しておくと、参加者のランチや夕食として活用できます。
セミナーや会議を行う場所は確保できているいるけれど、食事の問題が解決できないという場合で、会議の会場に冷凍庫と電子レンジがある場合は、予め注文して冷凍庫に保存しておけば食事の問題はクリアできます。
出前なども利用できないエリアの場合は、常にストックしておけばあらゆる局面に置いて活躍してくれるのでおすすめです。

 

合宿時の食事として

合宿所を借りて会議や勉強会、トレーニングなどを行う集まりは多くの場合遠方の宿泊施設やコテージなどで行うこともあると思います。
ホテルで開催する場合は食事の心配はないと思いますが、自炊がメインとなる合宿の場合は、食料を調達して自分達で作らなければならないという場合もあると思います。
食事を作る時間をカットしたいという場合は、予め合宿所に冷凍弁当を注文しておいて冷凍庫で保存しておくなどして、合宿中の食事として活用するのも良いと思います。

 

お店などが少ないエリアで合宿をする場合は、食料の調達にも手間取るので予め必要な分の冷凍弁当を用意しておくことで食料の心配がなくなるのでおすすめです。

 

人気の会議弁当はどれ?

会議弁当として利用できるおすすめの冷凍弁当をランキング形式でご紹介します。

ニチレイフーズダイレクトの特徴
ニチレイフーズダイレクトのお弁当の中で会議弁当としてもっともおすすめなのは、女性の食事としてピッタリのウーディッシュコースです。
ご飯もお弁当の中にセットされていながら、1食当たり300〜400kcal程度に抑えられているのでカロリーを気にする方でも安心して食べられます。
また女性に嬉しい栄養バランスなので、食べやすく健康的なお弁当に仕上げられているのも嬉しいポイントです。
価格
1食あたり633円〜
評価
評価5
備考
ニチレイフーズダイレクトの総評
会社の冷凍庫にストックしておけば、電子レンジで温めるだけでいつでも食べられるお手軽感が冷凍弁当の大きなメリットです。
残業が多い場合やランチミーティングを頻繁に開催する会社であれば、常に幾つかのの種類のお弁当をストックしておけば、それぞれ好きなお弁当を選んでもらって食べてもらうという便利な使い方ができるのでおすすめです。

ウェルネスダイニングの特徴
ウェルネスダイニングは健康に配慮された栄養バランスで構成されたお弁当なので、頻繁にランチミーティングを行う会社の場合は、健康面も配慮してこの冷凍弁当を利用するのがおすすめです。
ご飯は付属していませんが、別売りの低糖質弁当などを一緒に注文しておけば更に健康に気遣った食事を摂って、会議を行えるのでおすすめです。
価格
1食当たり663円
評価
評価5
備考
初回送料無料
ウェルネスダイニングの総評
ウェルネスダイニングのお弁当には複数の種類があるので、食べる人の好みに応えられるように複数ストックして置くのがおすすめです。
食べたいお弁当を選んでもらって温めてお出しするという形で利用するのがおすすめです。

 

会議弁当に使えるおいしい冷凍弁当はどれ?

会議や社内ランチミーティング、社内研修など、どんなメンバーが参加するのか、予算はいくらなのかによって適切な冷凍弁当は異なりますが、男性が好む弁当やや女性に好まれるお弁当など、ニーズに合わせた冷凍弁当をご紹介します。

 

女性におすすめの会議弁当

会議やミーティングに女性の参加者が多い場合は、ニチレイフーズダイレクトの冷凍弁当がおすすめです。
カロリーも控えめで、量も多すぎず、主要なおかずは女性の体に嬉しい栄養素を充実させているウーディッシュコースが特におすすめで、1食当たり600円程度で収まることもおすすめポイントです。

 

ウーディッシュ 五穀のオムライスとミニメンチ ウーディッシュ 鶏つくねと野菜の炊き合わせ ウーディッシュ キーマカレーとえびカツのオーロラソース
※左から、五穀のオムライスとミニメンチ弁当・鶏つくねと野菜の炊き合わせ弁当・キーマカレーとえびカツのオーロラソース弁当

※画像出典 ニチレイフーズダイレクト公式ページ

 

男性の健康も配慮した冷凍弁当

ウェルネスダイニングのお弁当は、塩分や糖質を制限して、健康に配慮されたお弁当が豊富です。ご飯は付属していないので別売りのレトルトご飯を購入する必要がありますが、健康に配慮して食べすぎない程度の食事を摂る際に適しています。

 

※画像はお皿に盛り付けた場合。

※画像出典 ウェルネスダイニング公式ページ

 

会議弁当におすすめの冷凍おにぎり

お弁当を出すほどでもないけれど、少しお腹を満たして会議に臨んでもらいたいというときには冷凍のおにぎりを温めて出してあげるのも良いです。
冷凍保存できるおにぎりなんてあるの?と思うと思いますが、コンビニなどでも購入できるおにぎりが「焼きおにぎり」です。
また、ローソンではライスバーガーも販売しているので、会社の冷凍庫などにストックしておけば会議の前の小腹を満たす食事として活躍してくれます。

 

コンビニのおにぎりをその都度購入してくるもの良いと思いますが、コンビニに出る時間もない!というときもあると思います。
そんなときには、冷凍保存しておけるおにぎりをストックしておくことで活躍してくれます。
ローソンではネット通販でまとめて購入しておけるのでおすすめです。

 

> ローソンフレッシュ公式ページ

 

重役会議にもおすすめ!高級なお弁当

重役会議に出すお弁当を手配しておいてくれ、と上司に指示されたときには、一体どんなお弁当を用意すればいいの?と頭を悩ませる人もいると思います。
重役の方が食べる食事だからある程度高級で美味しいお弁当を用意しなければいけない…、だけど高級過ぎるお弁当だと会議費の範囲を越えてしまう!というように色々と考え込んでしまうと思います。

 

そんなときにおすすめなのが、ハイクラスの肉系の弁当です。
都内であれば、仕出し弁当を提供している老舗の肉料理の名店が多いので名店を中心に選んでいけば間違いありません。
中でもおすすめなのが「今半」のお弁当です。

 

今半と言えば、人形町にある、すき焼き・しゃぶしゃぶなどの日本料理の名店です。
品川駅や東京駅の駅弁としても有名なお弁当を販売しています。

 

ビジネスマンの中には、新幹線での出張の際には必ず今半のすきやき弁当を食べるという人も居るほどファンの多いお弁当です。
お弁当に盛り付けられているお肉は冷えても柔らかく美味しさを保っているので会議弁当としても活躍してくれます。

 

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の一部地域は
配達時間を指定することで午前10:00から12:00の間で配達してくれるので、当日作られた美味しい今半のお弁当を会議弁当として使えるのでおすすめです。

 

様々なメニューがありますが、定番のメニューを注文するのが良いと思います。
今半のお弁当と言えば、すきやき弁当というイメージがあるので、すきやき弁当以外だと逆にがっかりされるという場合もあるので定番がおすすめです。

 

定番メニューの価格は
すき焼丼 1,296円
すき焼弁当 1,620円
すき焼あったか重 2,160円
という様に、予算に合わせて選べますし、会議に参加される方の役職なども加味して選ぶのが良いと思います。

 

前日までに注文すれば配達してくれる

今半のお弁当は前日の15:00までに注文することで翌日の会議の時間には配達してくれるという利便性も大きなメリットです。

 

当日注文するのでは、お店の状況によって配達が遅れることも多々あります。
前日までに会議の予定や参加人数がはっきりしているのであれば、前日に配達希望時間も要望に応えてくれる今半の宅配お弁当を注文するのが安心です。

 

※今半の公式サイト > https://bento.imahan.com/

 

焼肉が好きな上司も喜ぶ叙々苑弁当

会議弁当としては高級なイメージを持たれる叙々苑のお弁当も購入し易い価格帯のメニューがあるので会議のお弁当として使えます。
ちょっぴり高級感があり、美味しい焼肉が食べられる焼肉店・叙々苑はお弁当を提供していることも有名です。
都内を中心に游玄亭などのハイクラスの店舗も構えている叙々苑は、会議やセミナーはもちろん、個人の家にも叙々苑焼肉弁当を宅配してくれます。

 

芸能人がテレビ収録の際に、テレビ局からお弁当を提供されるお弁当として叙々苑弁当を使われているということも聞いたことがある人もいると思います。
叙々苑のお弁当は、お店でなければ食べられないようなハイクラスの焼肉をお弁当でも食べられることが魅力です。
肉を食べなければ仕事する気が起きない!というような重役にも満足してもらえるお弁当なのでおすすめです。

 

定番メニューの価格は、
カルビ弁当 2,800円
牛切落し弁当 1,900円
特選ロース弁当 4,200円
叙々苑サラダ 550円
という価格になっています。
カルビ弁当は2800円なので、1食当たり3,000円以上にならないギリギリの価格で、値段的に最大限のもてなしとして胸を張れるので重役クラスの会議弁当として適切かもしれません。
しかし、ニンニクが含まれているので会議中の匂いが気になるかもしれません。その場合は、にんにく抜きのお弁当もあるので、こちらを注文するのが良いと思います。

 

また、叙々苑のお弁当のメニューの中には、50人前以上の注文から可能なスタッフ弁当という1食1000円の安価なお弁当もあります。
定番メニューよりも安い価格ですが、叙々苑の焼肉の味が味わえるのでセミナーの参加者への食事としてもおすすめです。
テレビ局やエンターテイメント関連のスタッフのロケ弁として活用されていることも多いようです。
注文は希望配達日の2日前の18時までとなっているので前もって注文できるときに限ります。
学会やセミナーなど多くの人数が参加する場合の食事としてもおすすめです。

 

会議で出したお弁当の費用の勘定科目は?

会社の会議などで参加者に提供したお弁当代は会社の経費として計上することができます。
この場合、勘定科目は会議費となります。
しかし、1食当り3000円以上を越えるような豪華なお弁当を提供した場合は、会議費の範疇を越えて交際費として計上しなければならない可能性が高くなります。
近年、交際費として認められる額が縮小されつつあるという話もある様に、なるべく安い価格のお弁当で済まして会議費として計上するのがおすすめです。

 

会議費に仕訳することができる価格帯のお弁当としても、冷凍弁当の価格帯は適切なので、経費を節約しながらもしっかりと経費で計上できるように冷凍弁当を採用するのもおすすめです。

 

残業時の会議の夕食として

残業時に社員に提供する食事代は経費として計上することができます。※詳しくは会社の残業時におすすめの冷凍弁当で解説しています。
会議も同様で、通常の就業時間を越えた残業時間に会議を行う際などの夕食代は経費として計上できますが、夕食補助として金銭を払ってしまうと給与と同様の扱いとなってしまい、それに対しての税金も発生する可能性もあります。
なので、残業時の会議の食事としては現物を用意して社員に提供するのが良いとされています。

 

国家公務員や公務員は会議弁当を受け取ってもいいの?

国家公務員や公務員は、業務時に企業やセミナー主催者から物品を受け取ることは許されるのか?という疑問を持つ方もいると思います。
当事者はもちろん、セミナーや会議を主催する方も配慮しなければならないことでもあります。

 

人事院が規定する関係条文の中には、国家公務員が参加する様々なイベントや会議を例に挙げ、目安となる昼食代の限度を紹介しています。
どの場面においても一律で規定されているのは、「その場面において簡素な飲食物」とされており、会議やイベントによって価格は異なります。
例えば、挙げられているイベントや会議は以下のようなものがあります。

 

職務として出席した会議、講演の会合、宿泊イベント、セミナー、行事、竣工祝賀会、慰霊祭、国際会議、国際会議で提供される昼食、記念式典、レセプション昼食会、外国大臣との昼食会、地方公共団体との事業推進のための打合せ、外国在日大使館幹部との会議、所管公益法人主催の懇談会、シンポジウムの昼食やコーヒーなど、様々なな局面を想定してそれぞれの額を目安として提示されています。
※参考 http://www.jinji.go.jp/rinri/jireisyu/kaigi.pdf

 

国家公務員も、公務員も必要な場面で限度を守ればイベントや会議で食事を提供されても問題ないとされています。
イベントを主催する側、会議を主催する企業などは、公務員の方を招く場合はこの点について把握しておくことも重要です。

 

当日発注でも届けてくれる会議弁当はある?

急遽会議を開催することになり、併せて会議参加者に提供するお弁当を発注して、と上司から依頼された場合、当日のわずか数時間後にお弁当を用意しなければならない!というピンチに陥ったことがある方も居るのではないでしょうか。
社内の社員だけであれば、近くの弁当屋さんなどで購入してくれば良いですが、外部の会社の方や重役が参加する会議であればある程度のクオリティのお弁当を用意しなければならない場合もあると思います。
そんなときに活躍してくれるお弁当デリバリーサービスはファインダインがおすすめです。
ファインダインは他のデリバリーサービスとは一線を画しているデリバリーサービスで、ワンランク上の料理店の食事をデリバリーしてくれます。
お弁当という形態ではない場合もありますが、ある程度のクオリティのお弁当をすぐに注文することができるのでおすすめです。
ファインダインで注文できるお店はエリアによって異なりますが、高級焼肉店の焼肉トラジのお弁当や中華料理の南国酒家など、外部のお客様を招いた会議でも恥を欠かないクオリティのお弁当を注文できます。

 

ファインダインのエリア外の地域の場合は、dデリバリーがおすすめです。
よくある弁当を注文できる店が多く登録されているので当日の急な会議のお弁当として活躍してくれます。

 

 

 

外国人の方との会議にはどんなお弁当が適切?

年々、日本のビジネスシーンにおいて外国人の方との取引が増えてきたという企業も多いと思います。
そんな状況になって気づくのが、ランチミーティングなどの際にどんな料理を出せば良いのか?という疑問です。
欧米ではレストランなどで少人数でランチミーティングをすることが多いようですが、この場合は洋食のレストランが多いと言われています。
イタリアンやフレンチなども使われることも多いそうです。
しかし、お店でのランチミーティングの場合は企業の情報などを外で話すことは厳禁である場合も多いので、やはり社内でランチミーティングをすることが多くなると思います。
デリバリーができる料理でランチミーティングするにはどんな料理を用意すべきか?と言うことに迷ったときに一番良いのは、やはり相手が何を好んでいるのか?どんな食体験をしたいと思っているかなどをリサーチすることが大切です。
しかし毎回しっかりリサーチできるわけではありませんから、無難な料理を用意することも視野に入れて置かなければなりません。
そんなときに便利なメニューと言えばパスタです。
グルテンを好まない方も居るので注意は必要ですが、オーソドックスなパスタは比較的好まれる傾向があります。
同時に気にしておきたいのがサラダです。
欧米人は日本人の間隔よりも食べるものに対しての注意が高い人が多い印象です。
オーガニック系の料理を用意するのも喜ばれますし、野菜をメインとした料理をチョイスすればベジタリアンやビーガンの方でも問題なく食べてくれるのでおすすめです。
野菜を中心としたデリバリーサービスも充実しているので、ファインダインや出前館などで事前にチェックしながらも、ウーバーで配達可能なお店もチェックしておくのがおすすめです。

 

会議弁当の出し方の順序や注意点

会議とランチを同時に行っていくランチミーティングは、経験がないとどのように進んでいくかが分からないという方も多いと思います。
例えば新入社員の方が上司から「ランチミーティングをするからお弁当を注文しておいて」と言われて注文したとしても、届いてからどのように配膳すればいいの?など不明な点も沢山あると思います。
ここでは一般的な会社で行われているランチミーティングでのお弁当の配膳の手順やタイミングについて触れて行きます。

 

配膳

社内の同僚などにお弁当を配る場合は、社員それぞれに取りに来てもらうような形で配給するのも良いですが、上司や外部の社員の方との会議の場合は、席に配膳していくのが常識です。
それぞれの方にお弁当を提供するタイミングにずれが生じないように2人から3人で同時に素早く配膳していくのが良いです。
配膳する順番は、上座と呼ばれる入り口から最も遠い場所から配膳するのが適切です。
お客様は大方上座に座って頂く場合があるので、上座から配膳することを常とします。
コの字で机を並べているような会議の場合や議長席がある場合は、議長席から見て右側の席から議長席、議長席の左側という風に部屋の奥から順に配膳するようにします。

 

同時に飲み物も提供する必要がありますが、お客さまがいる場合や重役会議の場合はペットボトルではなくカップや湯呑みで飲み物を提供するのが普通です。
湯呑みなどでの提供が必要ないと言われた場合はペットボトルでのお茶などが通例です。
ペットボトルの方が好まれる場合もあるのでケースバイケースです。
ペットボトルのお茶を置く位置に厳しい決まりはありませんが、お弁当の左奥側に置くのが美しいかもしれません。

 

片付け

会議とランチが進行し食べ終わる方が出てきた場合、お弁当箱を回収していきますが手早く下げて差し上げるのが良いです。
あくまでも会議なので会議に集中するために、食べ終わった食器を速やかに片付けることが重要です。しかし、早く食べ終わって欲しい、と思われるようなことは無いように飲食店の店員さんの片付けを参考にして頃合いを見て下げるという程度が適切です。

 

来客の場合も重役の場合も、もてなすという精神を忘れることなく会議に集中できるように食事を提供し、空き容器を回収すれば問題ありません。
ランチミーティングの配膳は失礼のないようにすることが第一ですが、手早く行うことも大切です。
一度経験すれば大丈夫です。落ち着いてこなしていきましょう。

 

会議弁当を宅配してくれる仕出し弁当屋さん

10名以上の多くの量の会議弁当が必要な場合は、出前などではまかない切れない場合があります。
この場合は、仕出しお弁当屋さんと呼ばれる専門のお店に依頼するのが安心です。

 

地域によって、それぞれの仕出し弁当屋さんがありますのでチェーン店への出前の様にはいきません。
お弁当を用意したい日から前持って数日前に仕出し弁当屋産に相談して発注する必要があります。

 

ここでは地域ごとのおすすめの仕出し弁当屋さんをご紹介していきます。

 

東京の仕出し弁当屋さん

東京には老舗の仕出し弁当屋さんが多くあり、会議やイベント、セミナーのお弁当を配達することに慣れている業者さんが沢山あります。
頼れる仕出し弁当屋さんを、一部の地域ご紹介します。

 

品川

・陽なた
女性でも男性でも好まれる優しい味のお弁当が食べられます。
価格は1000円程度から2000円程度の豪華な弁当まで揃っているので味は勿論、贅沢感も味わえます。
前日の昼12時までに注文すれば翌日配達してくれます。

 

・東京日本橋 三代目たいめいけん
たいめいけんと言えば芸能人にもファンが多いお弁当屋さんです。
定番のオムライスなどを始めとした親しみやすい洋食が食べられます。
配達して貰いたい2日前の15時までに注文すれば間に合います。
ヒレかつやタルタルエビかつサンドも有名で、おすすめです。

 


トップへ戻る