離乳食作りに役立つ食材宅配サービス

 

子育て中のママの悩みはとても多いですが、その中でも赤ちゃんの離乳食作りが難しいという方も多いと思います。
一体どんな栄養バランスで離乳食を作っていいか分からないという疑問や、どのような調理方法で作ったらよいかなど分からないことが沢山です。

 

このページでは、そんな新米ママさんの強い味方となってくれる離乳食作りに役立つ食材宅配サービスをご紹介します。

 

 

離乳食に移行する時期は?

赤ちゃんが生まれてからどのくらいの時期で母乳から離乳食に移行したらいいの?と疑問を持つお母さんは多いと思いますが、一般的には下記の時期が目安とされています。

 

生後5〜6ヶ月頃になると首が座り、お座りができるようになった時期に離乳食に移行できる赤ちゃんが多いです。
この時期の離乳食は、ドロドロの状態で食材を滑らかになるまですりつぶして与える必要があります。

 

生後7〜8ヶ月頃になると自分でお座りが上手にできるようになります。この時期になると、完全なドロドロな状態でなくても、舌で潰せるくらいのかたさに調理したり、ごく細かくみじん切りにしたものが食べられるようになります。

 

生後9〜11ヶ月頃になって、ハイハイで活発に動けるようになり、つかまり立ちができるようになると、歯茎でつぶせる硬さのものが食べられるようになります。
ごく柔らかく、5mm以下に小さくみじん切りしたものが食べられるようになります。

 

生後12〜18ヶ月頃になると、頼りなくも歩くことができるようになる頃です。この時期になると歯茎で噛むことができる硬さのものが食べられるようになります。
1センチ以下のものであれば食べられるようになっている時期です。

 

離乳食は段階を追って、無理のない大きさで食べさせるのが重要です。上記の目安は一般的な時期ですが、個人差によって時期が異なるので注意深く赤ちゃんの様子を見ながら離乳食を与えることが必要です。

 

産後や妊婦さんにおすすめの宅配弁当【授乳中の食事にも!】

 

離乳食の材料を宅配してくれるキットオイシックス

多くの食材宅配サービスの中でも最もオススメなのが、キットオイシックスという料理キットサービスです。
オイシックスは野菜の宅配サービスで有名な会社で、冷凍弁当なの宅配食は扱ってはいませんが野菜を含む様々な食材を宅配してくれるサービスとして有名です。

 

そのオイシックスが提供しているキットオイシックスは、食材と料理のレシピがセットになっている料理キットでレシピに沿って調理をすることで簡単に料理を作ることができるというものです。

 

キットオイシックスのミールキットは、1セット2人前の料理が作れる材料が入っており、それらの食材を少し取り分けることで赤ちゃんの離乳食を作ることができます。

 

ミーキット1セットで夫婦2人分の料理と赤ちゃんの離乳食が作れる便利なセットです。
離乳食の作り方もレシピがあるのでそれに習って調理することで夫婦二人の食事を作りながらも赤ちゃんのご飯も作ることができるので、材料の買い出しも献立選びの手間も省けて便利です。

 

健康に配慮された野菜だから赤ちゃんも安心!

赤ちゃんのご飯だからこそ、食品の安全性が高いものだけを選びたいものですよね。
オイシックスの野菜は、農薬・添加物・合成保存・合成着色料などの使用を制限しているので、食べるものの安全性に気遣う方でも抵抗なく利用できます。

 

また、ミールキットの食材を使う形ではなく、離乳食用として作られた単品のメニューも充実しています。
商品のラインナップの一部をご紹介します。

 

・ほうれん草&じゃがいも・安心野菜のベジキューブ
・牛乳をかけてたべる砂糖不使用コーンフレーク
・北海道産の鶏ささみだけのひき肉
・離乳食用冷凍無塩うどん
・お湯で溶かすだけで作れる北海道とうもろこし100%フレーク

 

お湯で3〜4分茹でるだけで完成するものや、電子レンジで加熱するだけで作れるものなど、凝った調理をしなくても簡単に離乳食を準備できるメニューなど充実しています。

 

また、離乳食時期からカミカミ期に差し掛かった頃に食べられる冷凍ミックスベジタブルなどもあり、冷凍保存しておけるものが多いので、常にストックしておくことで離乳食作りに非常に役立ちします。

 

冷凍離乳食を宅配してくれるきキットオイシックス

キットオイシックスの離乳食単品メニューの中には上記に挙げたように冷凍された状態で届けてくれる離乳食の材料があるので、離乳食時期の冷凍庫にストックしておくと便利です。
野菜のベジキューブや鶏ささみだけのひき肉、離乳食用冷凍無塩うどんは冷凍保存しておけるのでおすすめです。

 

レンジや湯せんで温めればすぐに食事の準備ができます。

 

離乳食に使える魚の宅配

キットオイシックスの単品メニューの中には、離乳食の食材として使える魚があります。
販売している魚は北海道産の真だらで、骨が摂られている一口大の真鱈が購入できます。
骨がとられていますが、完璧には排除されていない可能性もあるので赤ちゃんに食べさせるときには良くチェックしておくことが必要です。
魚を離乳食に取り入れる時期は、一般的には離乳食を開始してから2ヶ月以上経過してからが良いと言われています。
また離乳食に使用して良い魚は、鯛やヒラメ、カレイなどに限るべきです。
魚のアレルギーを持っていることに気づく可能性もあるので、魚を離乳食に加えるときは少量ずつで赤ちゃんの様子を見ながら与えるのがかなり重要です。
体に合わないのにも関わらず魚を与え続けるのは危険なのでかかりつけの小児科などでも相談しながら離乳食を継続しておくのが良いと思います。

 

 

離乳食時期は、うどんなど少し飲み込み難いものは子供それぞれの体に合わせて細かく切って上げるのも重要です。キットオイシックスで購入できる離乳食は、細かくカットしたり、すりつぶしてあげても美味しい離乳食なので重宝します。

 

野菜のベジキューブなどの離乳食食材は大人向けの料理にも活用できるので多く注文しておいても無駄になりません。
冷凍保存が可能なので賞味期限の心配も少ないので、キットオイシックスの離乳食を上手に利用して、子育ての負担を軽減するのがおすすめです。

 

キットオイシックスの離乳食宅配の口コミ

 

離乳食初期から食べさせるものは徹底して安全なものを食べさせたかったので質の良い野菜を届けて貰えるのはとても安心でした。


 

ヨシケイの宅配離乳食・プチママ

ヨシケイという宅配食サービスにはミールキットを宅配してくれるサービスもあります。
キットオイシックスと同じように、大人の料理の食材かた少しずつ取り分けて赤ちゃんの離乳食を作ることができます。
ヨシケイの離乳食は、プチママというコースのミールキットの食材を取り分けて離乳食を作ることができます。

 

赤ちゃんの成長過程に合わせた離乳食の作り方をアドバイスしてくれる解説レシピを参考に離乳食を作ることができるので安心です。

 

 

 

離乳食食材の宅配サービスを比較!

パパとママの料理も一緒に作りたいというときは、キットオイシックスやヨシケイのミールキットがおすすめです。
大人二人の料理をミールキットで作りながらも、食材を少し取り分けて同時に赤ちゃんの離乳食も作れるので、離乳食の材料を別途購入してこなくても材料ワンセットでその日の料理と離乳食が準備できるので便利です。

 

一方、単品で購入できるものをストックしておけば、その日の夕食のメニューに関わらず、赤ちゃん用に離乳食を用意できるので便利です。
一気に複数注文しておけば、離乳食の材料を切らすことなくストックしておけるというメリットがあります。

 

当サイトおすすめの離乳食宅配はキットキットオイシックス

前述した通り、キットオイシックスはパパとママの料理を簡単につくれるミールキットで離乳食を作れるので買い物をしておく時間的コストも軽減できます。
さらに、キットオイシックスでは単品の離乳食の材料を冷凍の状態のものを購入できるのでミールキットを利用しながらも単品の商品を追加注文して一度に纏めて配達してもらえる便利さがあるのでイチオシです。

 

離乳食の宅配サービスには、キットオイシックスの他、 ベネッセやコープなどもありますが味の傾向などを確かめてから定期注文したいという場合は最初から定期購入するのではなく、まず一回だけ利用してみてから定期購入を申し込むのがおすすめです。

 

 

離乳食に使いたい無農薬野菜は宅配してもらえる?

赤ちゃんが食べるものだからこそ、野菜は無農薬で栽培されたものだけを選びたいという方におすすめなのは、野菜宅配サービスのミレーの野菜です。
無農薬で育てられた人参・大根・ほうれん草・小松菜・ターサイ・じゃがいも・レタスなど、生産者が見える野菜なので安心です。
まだミレーを利用したことがない方はお試し野菜7品セットが1440円送料込みの価格で利用できるので、赤ちゃんの離乳食作りの材料としても、大人が食べる食材としても利用できるのでおすすめです。

 

無農薬野菜宅配ミレーの詳細はこちらで確認できます。
> ミレーのHP