【総合比較】宅配冷凍弁当おすすめランキング 

たんぱく質制限食・宅配低タンパク弁当おすすめ5選【美味しさ・コスパで選ぶ!】

低タンパク弁当まとめ

たんぱく質を制限した食事に切り替えたいときには、管理栄養士が監修した「たんぱく質制限弁当」を活用するのがおすすめ。
自分で料理を作るよりも、摂取するタンパク質量を数値で管理しやすくなるので徹底したタンパク制限が可能になります。

健康診断などで腎臓に不安があると診断された場合や栄養指導をされた場合、実践当初はどんなものを食べたらよいかわからないこともしばしば。
そんなときこそ、管理栄養士監修の宅配たんぱく質制限弁当が活躍してくれます。

このページでは、「たんぱく質を制限したい方」におすすめの冷凍弁当・宅配食をまとめていきます!

重視したい項目から決めるなら...

低たんぱく&安さ重視なら

栄養士さんに相談したいなら

メニューの豊富さで選ぶなら

おすすめたんぱく質制限弁当・低たんぱく食

ウェルネスダイニング「たんぱく&塩分制限気配り宅配食」

ウェルネスダイニングのたんぱく質制限コースは、1食あたりのたんぱく質10g以下、塩分2.0g以下、カリウム500mg以下に設定されています。
1食で15品目の食材を使用したおかず4品のセットなので、自炊するよりもバランスの良い低たんぱく食が手軽に食べられるのでおすすめ!
価格1食あたり741円
7食セット5,184円
たんぱく質量目安1食あたり10g以下
評価星4つ
送料初回送料無料・通常700円・定期便の場合350円
キャンペーン情報
初めて利用する方は送料無料で購入可能!

編集部

ウェルネスダイニングでは、おかずだけでなく主食のごはんにも「低たんぱくごはん」が別売りで用意されています。
通常の1/35にまでたんぱく質を抑えられる腎疾患患者用食品として消費者庁の許可を得ている特別用途食品なのでおすすめ!

\ 初回送料無料! /
公式ページはこちら


ニチレイフーズダイレクト「たんぱく質を控えたい方向けコース」

ニチレイフーズダイレクトの低たんぱくコースはメニューが豊富で、肉や魚がメインの料理も充実しています。
たんぱく質だけでなく、塩分も控えられている「たんぱく質&塩分を控えたい方向けコース」は1食当たりの食塩相当量を2g以下に設定されているので◎
どのコースのお弁当も1食あたりのたんぱく質が約15g以下に抑えられているので、肉や魚料理を食べながらたんぱく質摂取量を抑えたい方におすすめ!
価格7食セット5,300円~(1食あたり757円)
たんぱく質量目安1食あたり15g以下
評価星4つ
送料通常送料600円・5,000円以上の購入で送料無料
・たんぱく質を控えたい方向けコース 7食5,300円
・たんぱく質と塩分を控えたい方向けコース 7食5,800円
・たんぱく質を控えたい方向け肉コース 7食5,200円
・たんぱく質を控えたい方向け魚コース 7食5,500円
※たんぱく質を制限しながらも美味しい魚料理を楽しめるメニューです。魚が好きなご高齢者も満足できるコースです。
キャンペーン情報
5,000円以上の購入で送料無料!送料を節約するなら1回の購入で5,000円以上買うのがおすすめです♪

編集部

冷凍食品の大手・ニチレイが手掛けるお弁当だからこそ、たんぱく質を制限しながらも美味しいお弁当が食べられるのが魅力です!
\ お試し4食セットもあり! /
公式ページはこちら

食宅便 たんぱくケア食

食宅便の「たんぱくケア食」は1食あたりのタンパク質量が7gから13g程度に制限されています。
AからFまでの6種類のたんぱくケアコースがあり、好みに合わせてメニューを選べるのも魅力。
味の美味しさと価格のリーズナブルさが魅力なので、長期間のたんぱく質制限を行う方におすすめ!
価格7食セット4,340円
1食当たり620円
たんぱく質量目安1食あたり7g〜13g
評価星5つ
備考定期便での利用も可能。※毎週配達・隔週配達・月一回配達が自由に選べます。
送料1配送780円
牛肉と牛蒡のしぐれ煮 / 赤魚の和風あんかけ / ひじき煮 / おさつの胡麻風味甘露和え / 豆のサラダ / カレイの照り焼き / 野菜と肉団子煮 / わかめ和えとメンマ / コロコロポテト / 白玉桜あん / 豚肉と竹の子のオイスターソース / ホタテと白菜のクリームソース / フライドポテトのパプリカガーリック / カリフラワーのトマトソース / ほうれん草とえのきのおかか浸し / チキンソテーマスタードソース / トマトクリームパスタ / 蓮根の煮物 / 南瓜サラダ / コールスロー / 麻婆茄子 / キャベツといかのオイスター炒め / 小松菜と油揚げのお浸し / 豆腐えのきあんかけ / 大学芋 / アジの南蛮漬け / 肉団子の醤油あん / 筍のかつお和え / もやしの味噌炒め / グリンピースクリーム煮 / 豚肉の五目野菜煮 / ホキフライトマトソース / 小松菜のお浸し / 野菜の煮物 / コーン卵サラダ / 海鮮チリソース / 麻婆茄子 / 野菜のソテー / きのこの卵とじ / うぐいす豆 / インド風チキンカレー / じゃが芋とコーンのチーズがけ / 人参しりしり / ほうれん草と卵のソテー / 椎茸の胡麻醤油炒め / 黒酢仕立ての肉団子 / 卵入り木耳ちりめん炒め / じゃが芋クリーム煮 / 野菜ナムル / なすのピリ辛炒め / ポークソテーと野菜の炒め物 / ペンネあさりソース / ほうれん草とコーン炒め / 南瓜のいとこ煮 / ひじき蒟蒻煮 / サバの塩焼きと切り昆布煮 / 野菜のそぼろあんかけ / コーン玉葱炒め / 味噌だれこんにゃく / 薩摩芋甘煮 / 牛カルビ / ポテトの鮭クリームソースがけ / ひじき煮 / キャベツのお浸し / 中華山くらげ煮 / 白身魚のにら玉あんかけ / キャベツのパスタペペロンチーノ風 / 洋風温野菜 / 切干大根 / きのこのお浸し / ポークジンジャー / ツナときのこのパスタ / ほうれん草のバターソテー / 大学芋 / 蓮根の煮物 / 白身魚の味噌焼きと野菜の煮物 / 筍と野菜のバター醤油ソテー / 炒り豆腐煮 / 明太子マッシュポテト / 2色の桃のコンポート / 野菜つくね / 大根のツナあん / チンゲン菜とコーンのソテー / 薩摩芋と南瓜のサラダ / オクラおかか / ビーフシチュー / 麻婆春雨 / ほうれん草のクリームソース / 花野菜のスパイシーソース / パイナップル / 鶏肉のオニオンソース / 竹輪の卵あんかけ / 人参とカリフラワーの胡麻だれ和え / 青梗菜ときのこの和え物 / ひじきと蓮根のサラダ / ブリの照り焼き大根おろし添え / ハッシュドビーフ / カレービーフン / じゃが芋ベーコン炒め / ほうれん草のお浸し / ねぎ塩豚カルビ / ブロッコリーとふきのツナあん / にら玉 / りんごのミルク煮 / グリーンピースコーンバター炒め
キャンペーン情報
利用するごとにポイントが溜まるので使い続けるほどお得です!

編集部

食宅便のたんぱくケアおかずセットは1食当たりのたんぱく質が7g〜12g程度に抑えられていることに加え、脂質9g〜20g程度、食塩相当量1g〜2g程度に抑えられているので、総合的に健康を意識した栄養バランスなのが魅力!
制限食でありながら味の美味しさもおすすめポイントです♪
\ 公式サイトでCHECK! /
食宅便の公式ページはこちら

スギサポdeli「たんぱく調整食」

スギサポdeliの「たんぱく調整食」は1食あたりのたんぱく質が9.5g、食塩相当量は2g未満に調整されています。

たんぱく質制限コースの中にも、バラエティセット・お魚中心セット・お肉中心セット・洋食セットの4つのタイプがあり、自分が食べたいメニューを選んで注文できるので、好きなものだけを食べたいという方におすすめ!

価格1食あたり680円
7食セット4,762円
たんぱく質量目安1食あたり約9.5g
評価星5つ
備考定期コースで利用すると5%割引が適用されます。
7食セット4,524円1食646円で購入可能
キャンペーン情報
定期便での利用なら5%オフで購入可能!

編集部

スギサポプレミアム会員(月額550円)に加入すれば管理栄養士・医師・薬剤師にチャット形式で質問できるので、食事制限中でも安心!
初めての食事制限をサポートしてくれるのでおすすめ♪
\ 公式サイトでCHECK! /
公式ページはこちら

つるかめキッチン「たんぱく&塩分制限気づかい御膳」

つるかめキッチンの「たんぱく&塩分制限気づかい御膳」は1食当りのたんぱく質10g以下、塩分2.0g以下、カリウム500mg以下に設定されています。定期便での利用で通常価格より安く購入可能。
価格7食セット通常6,912円
定期便で利用する場合7食5,100円(1食当り728円)
たんぱく質量目安1食あたり約10g以下
評価星3つ
備考都度購入も可能ですが、定期便の場合割引が適用されます。
送料定期便の場合送料無料
都度購入の場合は全国一律770円

編集部

その都度購入よりも定期便がお得!
つるかめキッチンはその都度購入でも購入できますが、定期便で購入すると通常価格よりも28%割引の価格でずっと購入し続けられるのでお得です!

\ 公式ページはこちらから /
公式ページはこちら


たんぱく質の適切な摂取量は?

たんぱく質 豆乳 大豆

栄養指導されると、人それぞれに適切なタンパク質摂取量を指導されます。
一般的に提唱されている「適切なタンパク質摂取量」の目安は10歳〜70歳男性の場合、1日40g~60g程度。
女性の場合は40g~50gとされています。

ですが、たんぱく質制限を指導された場合、個人差はありますが体重1kgあたり0.6~0.8gを掛けた数値を目安に制限することを指導されます。(透析を行っている方の場合は1kgあたり、0.9~1.2g)

体重60Kgの人の場合を例に計算すると

60Kg × 0.6g~0.8g = 36g~48g(1日)
と、一般的な摂取量目安よりやや低めになります。

大幅な削減を指導されるわけではありませんが、細かい数値を算出するのはなかなか大変。

ごはん(白米)茶碗1杯約180gの場合、たんぱく質は約4.5g。

代表的な主食・ごはんなどであれば、たんぱく質の算出も比較的楽ですが、自分で料理を作る場合、使っている食材などによっては大きく栄養成分量が違ってきます。

だからこそ、たんぱく質の摂取管理を徹底するには、1食ごとにタンパク質量が計算され表示されている宅配弁当を利用するのが便利です。
自炊するよりも細かく管理できることや、料理の手間も省けるのでおすすめ。

何より管理栄養士が監修したメニューが食べられるので安心度は大。
自炊するよりもコストがかかったとしても、手間の軽減にもつながるので活用しましょう!

[参考]三大栄養素のたんぱく質の働きと1日の摂取量/
腎臓病食の献立(たんぱく制限食)

健康な人もたんぱく質の摂り方は注意が必要

筋トレをする男性

昨今の筋トレブームで、卵や肉・プロテインなどからタンパク質を多く摂っている人も多いと思いますが摂取量には注意が必要です。

厚生労働省が発表する日本人の食事摂取基準(2020年版)では、たんぱく質摂取量の上限を定めていませんが、運動などを行い健康的に筋力をアップするために推奨している目標摂取量は、体重1kgあたり1.4~2.0gとしています。

【参考】日本人の食事摂取基準(2020年版)

体重60kgの人の場合は
60kg × 1.4~2.0g = 84g~120g
となります。

一気に筋力をアップしたい!と考えて、突然1日200g以上のたんぱく質を摂取したりするのは適切とは言えません。
健康状態に気遣いながら、着実に筋肉量を増やし、体重の変化とともにたんぱく質摂取量も調整していくことが大事です。

MEMO
たんぱく質を含む三大エネルギーはバランス良く摂ることが大切です。
トレーニングなどで高たんぱくな食べ物を取り入れる場合、野菜から摂取できる植物性たんぱく質でも十分筋力をつけられるので、バランス良く食べるのが基本です。

たんぱく質制限食とは逆に、たんぱく質を豊富に摂取したい方におすすめの宅配弁当はこちらで特集しているので参考にしてみてください!

高タンパク食・高たんぱく弁当おすすめランキング高タンパク食・宅配弁当おすすめランキング【たんぱく質が豊富な食材リスト】

たんぱく質制限食を選ぶときのポイント

自炊ではなく、たんぱく質制限食で徹底した栄養管理を行うと決めたら、次にすることは「低たんぱく食選び」です。

食事制限中は、食べたいものが食べられないというストレスが生まれやすいので、タンパク制限食はなるべく自分の好みの味で選ぶことも大事。

もちろん、指導されている数値に見合うかどうかが最も重要なポイントですが、味の良さ・メニューの豊富さも大事です。

たんぱく質制限食を選ぶ時におすすめなのは、

STEP.1
2〜3社のたんぱく質制限食を一度試す。
食宅便・スギサポdeli・ニチレイフーズ・ウェルネスダイニングから選ぶ。
STEP.2
1食あたりの値段の安さをチェック
食宅便・スギサポdeliが安いので優先して試してみる注文する。
STEP.3
実際に食べて味をチェック
自分の好みに合うかをチェックして、自分なりにランク付けしておく。
STEP.4
1食あたりのタンパク質量をチェック
1日3食制限弁当を食べた場合のタンパク質量も計算して、指導された摂取量内に収まるかをチェックする。
STEP.5
自分の好みに合った2社を選ぶ
1社だけだと飽きが来る可能性もあるので、お気に入りを2社選ぶ。
という流れがおすすめ。

ニチレイフーズダイレクトにはお試し4食セットがあるので、まずはニチレイや一番値段の安い食宅便から試してみるのもおすすめです。

各社のたんぱく質制限食にはそれぞれ料理の趣向も違います。
1社だけでなく、複数のサービス会社を利用することで魚料理や肉料理を始め、和食・洋食・中華などバラエティに富んだ献立で飽きのこないタンパク質制限食が楽しめるのでおすすめ。
また、2社利用すると毎食ごとにメニューの傾向が異なる食事が楽しめるので毎日食べても飽きにくくなるというメリットもあります。

各社のお弁当どれも冷凍された状態で配送されるので、長期間保存ができることやレンジで温めるだけですぐに食べられることも「たんぱく質制限弁当」の魅力です。

たんぱく質制限中のストレスを軽減するためにも是非活用してみてください♪

【冷凍弁当選びに迷ったら?】

編集部

全30サービスを実食して比較した冷凍弁当をおすすめ順にランキング!
美味しさ・価格・送料の安さなど総合的に比較した冷凍弁当が見つかります♪

>> 冷凍弁当比較!総合おすすめランキングを見る