手作りして作り置きできる冷凍おかず

手作り冷凍弁当

毎日のお弁当作りの家事の負担軽減をしたい!という時や、単身赴任中の旦那さんのご飯として手作り料理を食べさせてあげたいときなど、冷凍弁当であれば可能になります。

 

1食ごとにお弁当に盛り付けて冷凍保存し、食べるときに電子レンジで解凍することで手軽に食べられるので、通販で購入できる冷凍弁当ではなく、離れて住んでいる家族にも自分自身の手作り料理を冷凍弁当として作り置きすることができます。

 

また、毎日家族のお弁当を作っている場合は朝早く置きてお弁当の準備をするのはなかなか大変です。
冷凍食品をレンジで温めたものをお弁当に詰めて持たせてあげるのも悪くはないですが、手料理をお弁当に入れてあげたいという気持ちもあると思います。
家事の負担を軽減しながらも、美味しいお弁当を作るためにも作り置き冷凍おかずを作るのがおすすめです。

 

手作りの冷凍弁当は、1食ごとに盛り付けて1週間分作り置きしておく方法でも、おかずごとに冷凍可能なタッパに入れて、当日の朝に盛り付ける方法でも良いと思いますが、おかずごとに解凍するのは手間だったりもするので、予め1週間分のお弁当を盛り付けて冷凍してしまう方が楽だったりもします。

 

このページでは当サイト管理者が実際に行っている手作り冷凍弁当の作り方や冷凍保存のコツなどをご紹介します。

 

冷凍保存と電子レンジに使えるお弁当箱

まず、冷凍弁当を作るためにはお弁当箱選びが重要です。
冷凍保存しても問題ない弁当箱で、しかも電子レンジでのあたために耐えられるお弁当箱を選ぶことが必須です。
我が家で使用しているのは、「Brooklyn Lunch」というシリーズのお弁当箱です。

 

※画像出典:楽天市場

 

たっぷり入るので男性のお弁当としても申し分ありません。
女性・子供用のお弁当箱として使用したり、おかずだけを小分けに冷凍保存する場合は、「フリープ アーネスト」のカップ付きお弁当箱です。

 

 

※画像出典:楽天市場

 

冷凍保存することもできますし、電子レンジでそのまま温めることもできるのでどちらも便利です。
特にフリープ アーネストのお弁当箱は、付属のカップでおかずを小分けにして冷凍保存し、カップを一つずつ取り出して解凍し、お弁当に盛り付けることができるので、家族のお弁当を毎朝いくつも作るという場合は、市販の冷凍食品を解凍する感覚で使えるので便利です。

 

週末に翌週一週間分のお弁当を作る

私の場合は、平日の忙しさを軽減するために、週末土曜日か日曜日に翌週1週間のお弁当やおかずを作ってしまって、冷凍保存します。
1日2人分のお弁当を作るととなる、5日間で合計10食となってしまうため、週末の我が家の冷凍庫はお弁当箱で溢れかえります。ですが、平日の家事の負担軽減を考えると十分なメリットを感じられます。

 

自分で作った料理を冷凍保存した場合、いつまで食べられる?という賞味期限の問題が浮かびます。
私の場合、食材の鮮度や料理にも寄りますが、冷凍保存と言っても1週間以内を目安に食べきるようにしています。
更に言えば、冷凍したとしても料理に使った食材の賞味期限が食べる日をなるべき越えないように気を使ってもいます。
特に子供のお弁当や夏場はこの点について注意を払っています。

 

冷凍しても美味しいおかずは何がある?

冷凍すると食材の繊維が壊れてしまって美味しくなくなる!というイメージがあると思いますが、食材によっては冷凍、解凍しても作ったときと大差のない美味しさで食べられるおかずが沢山あります。
水分を多く含んでいる野菜を使った料理は食感が損なわれたり、固くなってしまう肉料理などもあります。
ですが、美味しく食べられるおかずもとても多くあるので、どんなおかずなら冷凍しても美味しいの?と悩んでいる方は是非トライしてみてください。

 

実際に作って試してみた、冷凍しても美味しさを損ないにくいおかずをご紹介します。

 

肉料理

  • 豚そぼろ
  • 鶏のからあげ
  • つくね
  • つくねハンバーグ
  • すきやき 大量買い
  • 煮込みハンバーグ
  • 鶏もも肉の油淋鶏
  • 酢豚
  • 鶏むね肉の照り焼き
  • 豚肉の生姜焼き
  • ささみのソテー
  • 鶏むね肉の竜田揚げ
  • ハンバーグ(卵を入れる代わりにマヨネーズを使うのがコツ)
  • ピーマンの肉詰め
  • 鶏むね肉とアスパラの味噌炒め
  • 鶏そぼろ
  • 鶏もも肉のローストチキン
  • 牛肉しぐれ煮
  • チキンカツ
  • 鶏むね肉のソテー
  • 鶏肉の照り焼きハンバーグ
  • チキンナゲット
  • とんかつ(解凍後も意外とカラッと感を味わえます。)
  • 肉団子
  • 鶏の唐揚げ
  • チキンミートボール
  • ひき肉と筍のそぼろ
  • ササミフライ
  • 肉じゃが(じゃがいもが少し冷凍に不向きですがそれなりに食べられます。)
  • 豚肉と大根の炒め煮

 

魚料理

  • 鮭の塩焼き
  • 茹で鮭
  • ブリの照焼き
  • イカのしょうが焼き
  • イワシの佃煮

 

 

野菜がメインの料理

  • きんぴらごぼう(常備菜としてもおすすめです。)
  • 切り干し大根
  • 切り干し大根の煮物
  • 豚肉入りきんぴらゴボウ
  • かぼちゃの煮物
  • かぼちゃとひじきと大豆の煮物
  • ごぼうのしぐれ煮(豚コマ入り)
  • 人参しりしり
  • 鶏ごぼうのうま煮
  • ピーマンとウインナー炒め
  • なす炒め
  • なすの味噌炒め
  • インゲン胡麻和え
  • インゲンのソテー
  • ほうれん草のごま炒め
  • ほうれん草のソテー
  • ほうれん草コーンバター炒め
  • コーンバター

 

パスタ系

ミートソースパスタ
ナポリタンスパゲッティ(パスタは太めがおすすめです)

 

煮物系

  • ひじきの煮物
  • 昆布の煮物
  • かぼちゃの煮物

 

その他

  • カレー
  • ポテトグラタン
  • 玉子焼き
  • ラザニア
  • あさりの佃煮

 

以上が実際に試してみて美味しく食べられた手作り冷凍おかずです。
冷凍に向いている料理は、前述した通り、水分が多く含むじゃがいもなどの野菜は少々不向きだと感じました。
また、豚肉は少し硬くなりやすい感じがするので肉料理を冷凍おかずにするなら鶏肉料理がおすすめです。

 

上手に冷凍弁当を作るコツ

 

料理を上手に作っても解凍する際におかずごとに解凍具合が違う!という不便さを感じることがあると思います。
1つのお弁当に様々な料理を入れるのが当然なので、温め具合にムラが出てて温度がまちまちになってしまうこともあります。
電子レンジでチンしたときに、どのおかずもまんべんなく温めることができるコツはお弁当を盛り付ける際に、どのおかずもなるべく厚みを一定にするのがおすすめです。
おかずごとに深さ・厚みが異なると真ん中は冷たいということになりがちです。
また、ご飯も一緒に詰めている場合はご飯だけがなかなか温かくならないということもあります。
ご飯は別の容器に入れておかずとご飯を別にする場合は、この問題は解消されますが1つのお弁当にご飯とおかずを両方いれている場合は、盛り付けているおかずの高さ・厚みとご飯の厚みを一緒になるくらいの量で盛り付けるのがおすすめです。
底が深すぎるお弁当箱だと下の方は冷たいままで温められないということもあるので、浅めのお弁当を使用するのもおすすめです。
前述した我が家で使用しているお弁当箱は、普通に平均して温められるのでおすすめです。

 

離れて住む家族にクール便で冷凍弁当を!

 

冒頭で単身赴任中の旦那さんの食事としても冷凍弁当がおすすめ!ということに触れましたが、お弁当を作った後の手順について触れます。
冷凍弁当を作ったら一度自宅の冷凍庫で冷凍させて完全に冷凍したら、ダンボールなどに詰めて宅配業者さんのクール便で送ればOKです。
単身赴任中の男性は、コンビニか牛丼チェーンなどで外食がメインになりがちな人も多いそうで、明らかに野菜不足になりがちです。
冷凍おかずとしても使えるきんぴらごぼうなどを作って送ってあげると食物繊維も摂れますし、野菜不足が少しは解消できるのでおすすめです。

 

また、単身赴任の旦那さん以外にも学業で遠方に下宿しているお子さんへ、好物の料理を作って送ってあげるのもよいと思います。
解凍後も美味しさを保っていたれるかが心配な場合は、一度ご自身で作って冷凍保存し、1週間後くらいに解凍して味見をしてみるとイメージが質が保てているかをチェックできるのでおすすめです。

 

手作り冷凍弁当のまとめ

以上、実際に手作り冷凍弁当を作ってみた感想とおすすめのメニューをご紹介しました。レシピによっては、他のメニューも冷凍弁当のおかずとして使えるものは沢山あると思います。
節約しながらも美味しい手料理を家族に味わって貰うことができる手作り冷凍弁当をマスターすると、毎日のライフスタイルにも良い影響がありますし、何より毎日のお弁当作りが格段に楽になります。
予め家族のリクエストを聞いておけば、翌週のお弁当の献立も立てやすいというメリットもあるので是非試してみてください。

 

週末に予定があって、作り置き冷凍弁当が作れないというときには以前のように毎日朝早く置きてお弁当を作ることもあれば、通販で購入できる冷凍弁当や宅配食を利用することもあります。
便利なサービスを使いつつも、手料理を作るというバランスが定着すると家事負担がかなり軽減するので是非お試しください!

 

> 通販で購入できる冷凍おかず・冷凍弁当