目的から選ぶ冷凍弁当・選び方のコツは?

冷凍弁当サービスは各社様々な特徴を持っています。
味が美味しいということは前提ですが、カロリーが低めに抑えられている冷凍弁当や和食が美味しい冷凍弁当など各社それぞれの特徴を持っています。

 

どの冷凍弁当を選んだらよいかわからないときに役立つ冷凍弁当選びのコツをご紹介します。

 

冷凍弁当サービスの選ぶ時の比較ポイント

便利な冷凍弁当の宅配サービスですが、どのサービスもそれぞれの特色があり、選ぶのに苦労してしまうという方も多いですよね。
実際に冷凍弁当サービスを利用している方は、どのような点を比較してサービスを決めたのか気になるところです。
このページでは、自分の希望に合った冷凍弁当宅配サービスを見つけるためのポイントをご紹介していきます!

 

冷凍弁当宅配サービスを比較する時にはどこをチェックするべき?

冷凍弁当の宅配サービスはそれぞれに特色があるため、一概に料金面だけで比較するのは難しい部分があります。
例えば、価格は安いけれどメニューの種類が少ない、申し込みプランが限定されているとなると、便利に継続して使い続けるのは難しくなる場合もあります。

 

食事の味も好みによって異なりますし、栄養制限がある方にとっては重要なポイントでもあるので、安易に料金面だけで比較してしまうと、自分には合っていなかった…と後悔することになりかねません。
価格の安さも重要ですが、その他に考慮して置きたいポイントを挙げてみます。

 

味の良さ・好み

冷凍弁当宅配サービスによって、味の傾向はかなり違います。
冷凍弁当を初めて注文する方の中には、あまり味が美味しくないサービスを選んでしまって「冷凍弁当って美味しくない!」と冷凍弁当自体にマズイというイメージを持ってしまう方もいます。
冷凍弁当を初めて使ってみるという場合は、まず味の良さを重視した選び方をするのがおすすめです。
>> 味の良さで選ぶ冷凍弁当

 

価格

冷凍弁当を選ぶ際に欠かせないポイントは価格です。料理を作る手間が減ったとしても、食費が大幅に上がってしまうのは避けたい!と誰もが思うと思います。
冷凍弁当はサービスごとに価格は大きくことなります。
1食あたり300円代で購入できるヨシケイなどもありますが、ヨシケイの配達可能エリアに住んでいる方しか利用できないというデメリットもあります。
ヨシケイを除くと、1食あたり500円から800円程度が冷凍弁当の相場で、価格が安くても味が好みに合わないという場合もあります。
1食あたり500円程度に収めることができれば、毎日1食冷凍弁当を利用した場合でも月の食費は15,000円程度に収まります。
1食あたり500円程度に収めたい!という場合は、こちらのページで価格の安い冷凍弁当宅配サービスをランキング形式で比較した特集ページを参考にしてみてください。
>> 1食当りの価格が安い冷凍弁当はどれ?

 

包装タイプ

冷凍弁当の宅配サービスには、その名の通りお弁当のような容器に食材をセットして配達される場合と、1食分のおかずが個別で包装されて届くサービスがあります。
お弁当タイプの場合は、お弁当をそのまま電子レンジに入れて温めるだけですぐに食卓に並べることができますが、おかず一品ごとに包装されている場合は、湯煎での温めになります。
その場合は、お皿に盛り付ける必要があるので洗い物が出てしまうというデメリットもあります。ですが、弁当に入ったままだと味気ないと思う方にとっては、普段の食事と変わらない食卓に彩れるので良い面もあります。

 

弁当タイプのものは準備が簡単ですが、一度に全てのおかずを温めることになるので好みではないおかずが入っている場合は無理して食べなければいけないというデメリットもあります。
一方、個別包装で配送されるサービスの場合、苦手なおかずは解凍せずに家族の誰かに食べてもらうためにストックしておく、というような利用の仕方も可能です。
また、好みに合わせて普段の食事のメニューに1品追加するなどの自由度の高さも魅力です。
おかずが1品ずつ包装されているサービスの代表格は「わんまいる」です。セットだけでなく、好きなおかずだけを個別で注文できるので、毎日の食事メニューをアレンジしやすい点もメリットです。
>> わんまいるの冷凍惣菜

 

準備にどれくらい手間をかけられるか?

この点もお届けされた時の容器によって左右されますが、レンジで解凍するだけで食べられる冷凍弁当タイプは、電子レンジで温めるだけなので準備が非常に楽です。
一方、解凍・湯せんといった温めが必要なサービスは一品ずつお皿に盛り付ける必要があるので、お弁当タイプと比較すると準備に時間がかかります。
特にご高齢世帯の方は、鍋にお湯を沸かしたりなどの手間をかけないで準備ができるサービスがおすすめなので、冷凍弁当タイプか、冷蔵保存のお弁当の状態で配送されるタイプのサービスを利用するのがおすすめです。
各サービスごとに、弁当タイプか個別包装タイプかを下記まとめます。

お弁当タイプ

冷蔵・常温で個別配送されるお弁当タイプ

個別包装の湯煎タイプ

健康面を考慮した制限食の充実度

カロリー計算や塩分制限などが必要なご家族がいる場合は、制限食などが充実している冷凍弁当サービスを選ぶのがおすすめです。
冷凍弁当には、それぞれ1食あたりのカロリーや糖質量・塩分量などが記載されているので、ダイエット中にカロリーや糖質を制限したいという方にも、制限食が充実している冷凍弁当サービスはおすすめです。
自分で料理を作ると、カロリー計算が大変です。冷凍弁当であれば、使用されている原料はもちろん、栄養成分まで記載されているので栄養管理が楽になります。
カロリー制限などのメニューが用意されているサービスはこちらのページで特集しているので参考にしてみてください。

 

>> ダイエット弁当におすすめの低カロリー宅配冷凍弁当

 

糖質制限したい方におすすめのサービスはこちらで特集しています。
>> 糖質制限弁当の通販サービス比較

 

食材の届き方・利用可能エリア

冷凍弁当宅配サービスはサービスによって利用できるエリアが限られている場合と、ヤマト運輸などの配送業者が配達してくれる全国配送対応のサービスがあります。
配送エリアが限られている宅配弁当サービスは、ワタミの宅食とヨシケイなどのサービスです。
エリア内に住んでいる方の場合は、利用できますがエリア外の場合は注文ができません。
しかし、配送業者を経由して配送してくれる冷凍弁当サービスは、全国どこでも利用可能です。
全国配送可能なサービスは、

  • nosh(ナッシュ)
  • ベルーナグルメの「宅菜便」
  • わんまいる
  • ウェルネスダイニング
  • やわらかダイニング
  • ニチレイフーズダイレクト
  • 健康三彩
  • 美健倶楽部
  • 食宅便

となっています。

 

定期便がある・ない

サービスによっては定期配達なのか、その都度申し込みによる配達なのか、もしくは1週間分、1日分など申し込み方法に違いがあります。
平日の食事の分だけ頼みたいというご家庭、毎週の週末の分だけ使用したいなど、使いたい曜日が決まっているご家庭などは、定期便で注文するのが便利です。
定期便は、毎週・毎月というペースで、毎回注文しなくても自動的に食事を配送してくれるので便利です。
一方、毎回注文が必要なサービスは、食事がなくなったら注文すれば良いという形で利用頻度に合わせて柔軟に注文できるのは便利ですが毎回注文する必要があるので少々不便です。

 

また、定期便を利用した方が送料が無料になるメリットがあったり、割引価格で利用できたりと価格面でのメリットがあるサービスもあります。
毎週決まった数量のお弁当を注文することで、結果的に食費を抑えることもできるので定期便を利用するのがおすすめです。

 

まずは、自分がどのようなペースで使いたいかを決めてからサービスを選ぶのも良いですが、いきなり定期便で申し込むのはちょっと抵抗がある…という場合は、初めての方限定で利用できるお試し価格セットなどで一度食事の味や料などを実際に食べてチェックするのもおすすめです。

 

サイドメニューの充実度

冷凍弁当宅配サービスの中には、通常の食事以外にもデザート・スイーツなども揃っているサービスもあります。
子供のおやつなどを一緒に購入できるサービスもあり、冷凍保存できるのでストック用のおやつとして利用できるので便利です。
サイドメニューが充実しているサービスはこちらのページで特集しています。
>> 冷凍スイーツ・デザートを購入できる宅配サービスは?

 

冷凍弁当の選び方のコツ・まとめ

冷凍弁当を選ぶ際には、一番重要なのは美味しさですが、美味しさに加えて価格も重要なポイントです。
しかし、住んでいる自宅のエリアはどのサービスが利用できるかを事前にチェックしておくのも重要です。

 

最優先するポイントととして美味しさと価格ですが、それに加えて、メニューの豊富さやカロリーや栄養成分などもわかりやすい冷凍弁当もおすすめです。
価格の安さだけで選んでしまうと、味がいまいちで結局続かなかった…ということにもなりかねませんので、価格の安さに加えて、美味しさで比較するのがお勧めです。

 

また、なるべく安く購入したい場合は定期便で申し込みできるサービスか、長期で利用するとお得な冷凍弁当宅配サービスなのかチェックするのもおすすめです。
希望通りの冷凍弁当を見つけるために、各特集ページの比較ランキングを参考にしてみてください。

初めて冷凍弁当を利用する人におすすめ宅配サービスはどこ?

初めて冷凍弁当を選ぶときの悩みを抱えた主婦

 

冷凍弁当の宅配サービスが便利なのは理解できたものの、結局どこを選べば良いのか?という点に戻ってしまっている方もいるかもしれませんね。
せっかく便利なサービスを利用するなら申し込みしてから失敗した!と感じたくないものです。
予算やメニューの内容、味の傾向など、一度はそれぞれ一度試してみるのが、毎回使い続けられる美味しい冷凍弁当を見つける手段です。
様々なサービスがある中、当サイト編集部がおすすめする冷凍弁当サービスと選ぶコツをご紹介します。

初めて冷凍弁当の宅配サービスを利用しようと思います。おすすめの会社はどこですか?

冷凍弁当の宅配サービスの利用を考える場合、利用される方の生活スタイル、ご家族の人数、普段の食事の内容、帰宅時間や食事の時間などと照らし合わせて会社を選ぶことが大切です。

 

例えば、普段料理を作る時間が取れないから、簡単に調理できるものを届けてほしいという方の場合には冷凍弁当の宅配サービスだけでなく、食材の宅配サービスまで選択肢に入れることができます。
また、献立を考えるのが面倒、1食のカロリーを把握したいという方の場合には冷凍弁当の宅配サービスの中でも1食が一つの容器にセットされてお届けしてくれるサービスがおすすめです。

 

他にも持病などで食事制限、食事療法に取り組む必要がある方の食事を用意したいという場合には健康食を前提とした冷凍弁当の宅配サービスを選ぶことで、一人分の料理を別に作る必要が無くなり、自分で作るよりもメニューも豊富で食べる方にも喜んでもらえます。

美味しさで選びたい人におすすめの冷凍弁当

冷凍弁当を購入する際は、味の良さで選ぶのが重要です。
運悪く、味が良くない冷凍弁当を選んでしまうと、「冷凍弁当って美味しくない!」と全ての冷凍弁当が美味しくないと感じてしまう可能性もあります。
冷凍弁当は、とても便利なサービスなので活用すると毎日の家事が楽になったり、食費や光熱費が安く収められたりとメリットがたくさんです。

 

だからこそ、初めて冷凍弁当を購入する際は、味が美味しい冷凍弁当宅配サービスを利用するのが重要です。
味の美味しさで選びたいときにおすすめの冷凍弁当宅配サービスはこちらのページで特集しています。
>> 味・美味しさで比較する宅配冷凍弁当

 

栄養制限中の人におすすめの冷凍弁当は?

塩分や糖質、カロリーやたんぱく質など、栄養制限をしている人は栄養バランスを調整されている冷凍弁当が欲しいという方も多いと思います。
希望の栄養バランスの食事が欲しいという方におすすめなのは、制限食が充実しているウェルネスダイニングです。
管理栄養士が監修した、カロリー制限弁当・塩分制限弁当・たんぱく質制限弁当など、食事療法にも対応したメニューが充実しているのでおすすめです。
>> ウェルネスダイニングの冷凍弁当

 

まずはお試し価格で購入したい!という方におすすめの冷凍弁当は?

初めて冷凍弁当を試す場合は、味が好みかどうかが不安に思う人も多いと思います。
始めて冷凍弁当を購入する場合は、価格の安いお試し価格で購入できる冷凍弁当サービスを利用してみるのがおすすめです。
お試し価格で購入できる、価格の安いおすすめの冷凍弁当サービスはこちらのページで特集しています。
>> 1食当りの価格が安い冷凍弁当はどれ?

 

噛む力が弱くなってしまったご高齢者の方におすすめの冷凍弁当は?

ご年配の方やお子さんにも食べやすいサイズだったり、おかずのやわらかさにも配慮している冷凍弁当もあります。
噛む力や飲み込む力が弱くなってしまったご高齢者の方でも食べられる「やわらかい食事」や「ムースくらいのやわらかさの食事」など、やわらかさのレベルがいくつか用意されているものもあります。
やわらかいおかずで構成されている宅配食を購入したい方におすすめの冷凍弁当はこちらで特集しています。
>> やわらかダイニング

 

ごはんや味噌汁も欲しい人におすすめの冷凍弁当は?

多くの冷凍弁当は、惣菜のみで構成されていて、ごはんや味噌汁が付属していません。
中にはご飯・みそ汁も付属している冷凍弁当もあるので、自宅でごはんを炊くのは面倒!という方には、ごはんと味噌汁付きの冷凍弁当を購入するのがおすすめです。
ごはんと味噌汁が付属している冷凍弁当はこちらで特集しています。
>> ベルーナグルメの宅菜便・ほほえみ御膳

 

価格や味・利便性を考慮したおすすめ冷凍弁当は?

冷凍弁当はサービス会社ごとにおかずの品数や種類、味の良さや栄養制限の有無など傾向は様々です。
自分の希望が定まらないという場合は、実際に冷凍弁当宅配サービスを利用した方からの評価が高いサービスを利用するのがおすすめです。
総合ランキングで評価が高い冷凍弁当宅配サービスを、一度一つずつ試してみてから、継続して使い続ける冷凍弁当を見つけるという方法がおすすめです。

 

冷凍弁当のおすすめ総合ランキングはこちらで確認できるので、是非チェックしてみてください!
>> おすすめの冷凍弁当宅配ランキングをチェックする


冷凍弁当の知識Q&A記事一覧

冷凍弁当の宅配サービスは毎日の食事のサポート、年配の方の介護食などで利用されている方は多いかと思います。特に忙しい生活の中で毎日栄養バランスを考えてしっかりと食事を用意するというのが難しい時代になっている今、コンビニのお弁当でも添加物への配慮、オーガニック素材の使用など、食べるものへの健康への不安を減らしたいと考えている方は少なくありません。例えばよくコンビニなどのお弁当で使用される添加物として有...

糖質を制限した食事を摂りたいという方や、ダイエットのために糖質を抑えた食事メニューに切り替えたいという方におすすめなのが、糖質制限弁当です。体調管理の一環としてや、糖尿病のリスクを考える人は糖質を摂りすぎない食事を意識しています。お米やパン、パスタなどの炭水化物を主食とする国民の場合は、どうしても糖質を過剰に摂取してしまう傾向があります。健康維持やダイエットのために糖質を摂りすぎないような食事にし...

宅配食や宅配冷凍弁当を頻繁に利用される方はポイントとか貯まればもっとお得に買えるのに…と考えている方がいるかもしれません。各宅配食サービスそれぞれでポイントが貯まるようなサービスを展開しているサービスがいくつかあります。公式サイト上でポイントを貯めて、次回の代金からポイント分の割引を利用できるサービスと、獲得したポイントで景品と交換するサービスがあります。また、各サービスでは楽天ショップややAma...

介護を受ける方の介護食・介護弁当としても利用できる冷凍弁当・宅配食通販サービスをご紹介します。やわらかく調理された惣菜や、塩分が控えられたお弁当などご高齢の方でも無理なく食べられるおすすめ介護弁当をランキング形式で比較しています!どの冷凍弁当も冷蔵保存ではなく、届けられたら冷凍で保存する必要がありますので、覚えておきましょう!介護食・介護弁当におすすめの宅配食サービスはどれ?家族に高齢者が居る家庭...

産後のママは、赤ちゃんのお世話に加えて洗濯や掃除などの家事など毎日忙しい毎日を送らなければなりません。親御さんなどのサポートがある場合でも、赤ちゃんから常に目が離せない日々が続きます。産後の時期は赤ちゃんのお世話を重視して、その他の家事の負担をなるべく軽減することも賢い子育てのコツでもあります。いくつもの家事の中でも大きな負担となるのが「食事の準備」と言っても過言ではありません。この大変な食事の準...

ダイエット中は、まずトレーニングよりもカロリー摂取量や食べ物・食事のメニューを改善していくことが非常に重要です。しかし、ダイエット中はどんな食事を食べたらいいか分からない!という方も多いのではないでしょうか。ダイエット中の食事には、カロリー管理と糖質摂取管理がカンタンにできる「ダイエット弁当」を活用するのがおすすめです!行き過ぎたカロリー制限をして健康を害さないためにも、適切な栄養をバランス良く摂...

冷凍弁当宅配サービスを検討するときに気になるのは、食事のメニューの栄養面や献立の内容にバランスが取れているか?という点があると思います。また、年配の方やカロリーを気にしなければいけない方、減塩・タンパク質制限の為の健康食メニューを検討されている方は、栄養はもちろん、飽きずに食べられる献立があるか?という点はとても重要なポイントです。冷凍弁当宅配サービスは、毎日の食事の準備の負担軽減や、離れて暮らす...

毎日の食事のサポートに便利な冷凍弁当宅配サービスですが、食事メニュー以外にもスイーツやデザートもサイドメニューとして購入できるサービスもあります。健康を気遣った食事として冷凍弁当を利用するだけでなく、健康に配慮されたスイーツなども一緒に購入できるので、食事の後のデザートとして重宝します。このページは、冷凍弁当と一緒に購入できるスイーツをご紹介していきます。冷凍弁当と一緒にお取り寄せできるスイーツ一...

各社の1食あたりの塩分目安と価格の比較表サービス名コース名1食当たりの塩分上限1食当たりの価格nosh(ナッシュ)低糖質食1g~548円ウェルネスダイニング塩分制限気配り宅配食2g以下643円食宅便塩分ケアコース2g以下620円わんまいる通常コース3g以下696円健康三彩塩分コントロールコース1.5g~2.5g698円ニチレイフーズダイレクト塩分を控えたい方向けコース1.8g以下785円美健倶楽部...

遠方に暮らしている年配のご両親や縁のある方に健康的な食事を食べてもらいたいと考える方は多いと思います。冷凍弁当や冷凍惣菜・食材などの宅配サービスには、ギフトサービスはあるの?という疑問について触れていきます。冷凍弁当宅配にはギフトサービスはありますか?お中元などのように贈り物として送ることができるサービスは限られています。おせち料理などをギフトとして贈る場合は、健康三彩などのおせちを配達してくれる...

カリウムが低めに設定されている冷凍弁当・宅配食をランキング形式でご紹介します!冷凍弁当が腎臓病の方にも利用者が多いはなぜ?腎臓病の方は食事制限の中、毎日の食事を取っているかと思います。ご家族の中で腎臓を患っている方がいる場合、その方のみのメニューを用意するという場合もあるのではないでしょうか?ただ、毎日、たんぱく質、塩分の量を気にしながら、満足のいく料理を用意するのは大変ですし、味わいもさびしいも...

冷凍弁当にはご飯は付いているの?味は美味しい?冷凍弁当の宅配サービスではおかず(主菜・副菜セット)のみと、ご飯やみそ汁がセットになったメニューが用意されているものもあります。「ご飯は自分で炊いたものが良い!」という方はおかずのみのセットがおすすめで、ご飯を炊くのは面倒という方はごはんがセットになっているサービスを利用するのがおすすめです。それぞれ、希望に合わせて、ごはん無し、ごはん付きを選べるサー...

1食単価とセット価格の比較表商品イメージサービス名1食当たりの価格セット食数セット価格送料nosh(ナッシュ)548円10食セット5,480円初回無料ヨシケイの夕食340円3食セット1,018円配送エリア配送無料セブンミール510円1食単位から注文可-合計税込500円以上のご注文から無料わんまいる696円5食セット3,480円1配送850円北海道・沖縄1,950円ウェルネスダイニング663円7食セ...

冷凍弁当宅配サービスの利用を検討している方は、届けられるお弁当はどんな容器・入れ物で宅配されるのかを事前にチェックしておきたいという方もいると思います。冷凍庫にストックしておきたい場合は、1食あたりの容器のサイズが小さい方が多くのものを入れられるので事前に知っておくのでいいです。また、お弁当を食べた後にはゴミとして出すことになるので、トレイの材質なども事前にチェックしたいという方もいると思います。...

たんぱく質を制限したい方や、筋肉をつけたいときや美容を考慮してたんぱく質をたくさん摂取したい方には、摂取する「たんぱく質」の量を管理しやすい宅配食がおすすめです。宅配食には、たんぱく質を制限された低タンパク宅配食、筋トレ中やダイエット中にたんぱく質を積極的に摂取したいときに活躍してくれる冷凍弁当があります。このページでは、たんぱく質を制限したい方も、豊富に摂取したい方も、それぞれの希望に応えてくれ...

ネットスーパーなどの普及もあり、大手スーパーチェーンも冷凍弁当や宅配食事、食材の宅配サービスを行うようになってきました。例えば、大手スーパーのイオン、マックスバリューもプライベートブランドのトップバリューで冷凍食品シリーズとして、冷凍弁当も取り扱っています。イオンのプライベートブランド「トップバリュー」では様々な商品が販売されていますが、冷凍食品の数も充実しています。その中に冷凍弁当でおかずのワン...

野菜は毎日の食事の中で必ず入れておきたい食材ですが、鮮度が落ちやすいのが野菜のデメリットでもあります。野菜の冷凍食品なども販売されていますが、通常の生野菜を購入したときに余ってしまった野菜をなんとか鮮度を保って保存しておきたいときもあります。このページでは自身で冷凍保存をするための知識とコツをご紹介します。冷凍に不向きな野菜は?野菜にはやはり、冷凍することで野菜の繊維が壊れてしまい、美味しく食べら...

宅配食や冷凍弁当を提供しているサービスの中には、安く購入することができるクーポンコードを配布しているサービスがあります。クーポンコードを発行している宅配食のサービスをご紹介します。ウェルネスダイニングのクーポンコードはどこで貰える?冷凍弁当や宅配食を提供しているウェルネスダイニングのクーポンコードは一度利用した人を対象に、以前配布されていたものです。一度購入された方への「お得意様割引」というような...

管理栄養士とは国家資格のひとつで厚生労働大臣の免許を受けなければその仕事に就くことはできない職種です。一般的な食事の栄養バランスを考慮して食事のメニューを作る栄養士の知識に加え、病気などで体調が優れない方の食事の指導なども行うことができる資格です。また給食などの献立を設定することも許されています。栄養士と管理栄養士の違いは、栄養士は現在健康な方の栄養指導や給食のメニューを選定することができ、一方、...

OLさんやサラリーマンの方は仕事で残業になったりすると、会社で夕食を食べることになると思います。また、会社を経営されている方の場合は従業員の夕食を経費で用意してあげるという企業もあると思います。このページでは、仕事が忙しいときの残業時に活躍してくれる冷凍弁当の活用法をご紹介します。従業員目線と、経営者目線の2つの目線で多くのメリットをレポートしていきます。食費の節約になる!OLさんもサラリーマンの...

TOPへ