目的から選ぶ・選び方のコツは?

冷凍弁当サービスは各社様々な特徴のメニューを用意しています。
一社一社味も違うため、初めて利用する際は「どれを選んだらいいの?」と迷ってしまうものです。

 

このページでは、各社の特色や、味・価格・メニュー内容・制限食・目的から選ぶ冷凍弁当をご紹介していきます!


制限食のタイプから選ぶ

冷凍弁当には栄養バランスを整えた制限食が充実しています。
塩分や糖質、カロリーやたんぱく質など、栄養制限をしている人は栄養バランスを調整されているお弁当がいい!という方も多いと思います。
それぞれの目的・希望を満たしてくれる制限食を扱っているサービスを各ページでまとめているので参考にしてみて下さい。

ダイエット・低カロリー食
ダイエット中やメタボ対策中に便利なカロリー制限食・低カロリー食を扱っているサービスを比較しています。
自分で料理を作るとカロリー計算が大変…!という方におすすめです。
>> ダイエット弁当におすすめの低カロリー宅配弁当

糖質制限・ダイエット向き
ダイエット中には糖質制限は欠かせません。通常の食事よりも糖質が制限されたメニューを扱うサービスを比較しています。
健康を考えて糖質摂取量を抑えたいという方にも。
>> 糖質制限弁当の通販サービス比較

塩分制限・減塩メニュー
血圧の数値が気になる方や、普段から塩分の強いものばかりを好んで食べる方の中には、「そろそろ塩分を控えなきゃ…」と思っている人もいるのではないでしょうか。
自分で作る料理や外食では塩分量が管理しきれないですが、塩分制限食を利用すれば摂取塩分量も抑えて、一日の摂取量も管理できます。
>> 減塩弁当宅配サービスはどれがいい?【塩分制限された減塩食】

噛む力が弱くなってしまったご高齢者の方に
噛む力や飲み込む力が弱くなってしまったご高齢者の方でも食べられる「やわらかい食事」や「ムースくらいのやわらかさの食事」など、やわらかさのレベルがいくつか用意されているものもあります。
やわらかいおかずで構成されている宅配食を購入したい方には「やわらかダイニング」がおすすめです。
>> やわらかダイニング

価格で選ぶ

冷凍弁当を選ぶ際に欠かせないポイントは価格です。料理を作る手間が減ったとしても、食費が大幅に上がってしまうのは避けたい!と誰もが思うと思います。
サービスごとに価格は大きくことなり、1食あたり500円から800円程度が相場です。

1食あたり500円程度に収めたい方に
1食あたり500円程度に収めることができれば、毎日1食冷凍弁当を利用した場合でも月の食費は15,000円程度に収まります。
価格の安いサービスは価格で比較した特集ページを参考にしてみてください。
>> 1食当りの価格が安い宅配弁当はどれ?

1食330円で購入できるヨシケイ
価格の安さで選ぶなら1食あたり300円代で購入できるヨシケイなどがあります。ですが、ヨシケイの配達可能エリアに住んでいる方しか利用できないというデメリットもあります。
ご自身が住んでいる場所がヨシケイの配達可能エリアかは公式サイトで確認できます。詳細ページから公式ページにアクセスしてみてください。
>> ヨシケイの詳細ページ

味の良さで選ぶ

サービス会社ごとそれぞれ、味の傾向はかなり違います。
価格の安さを気にする人は多いですが、やはり味の良さで選ぶのが重要です。
冷凍弁当を初めて注文する方の中には、あまり味が美味しくないサービスを選んでしまって「冷凍弁当って美味しくない!」と宅配弁当自体にマズイというイメージを持ってしまう方もいます。
初めて使ってみるという場合は、まず味の良さを重視して選ぶようにしましょう!
>> 味の良さで選ぶ宅配弁当

メニューの豊富さ・好みで選ぶ

人それぞれ好みや好きなメニューは違うもの。自分の好みの味のサービスを見つけるのはなかなか大変です。
自分の好みの傾向に合わせて選ぶなら下記に取り上げたサービスを参考にしてみて下さい!

和食が美味しいサービス
日本人のソウルフード和食。和食は冷凍に向かないものが多いと思われていますが、和食が美味しい宅配食サービスがあります。
わんまいるは、魚料理や煮物を始めとした和食のほか、ご年配の方やお子さんにも好まれる味付けの惣菜が揃っています。
>> わんまいるの宅配惣菜

肉料理が豊富なサービス
noshという宅配弁当サービスは「低糖質」をモットーに展開しているサービスで、炭水化物・糖質を極限までカットする代わりにたんぱく質をしっかり摂取できるように、肉料理が充実しています。
魚のメニューも豊富なので、タンパク質を積極的に摂りたい方にピッタリです。
>> nosh(ナッシュ)

豆類など食物繊維が豊富
イソフラボンなどを積極的に摂取したい女性は、なるべく豆類を食べたいという人も多いと思います。
ニチレイフーズダイレクトには「ウーディッシュコース」という豆類などを中心に、女性に嬉しい栄養が摂取できるメニューが充実しています。
>> ニチレイフーズダイレクト

中華料理が充実
ベルーナグルメの宅菜便は、特に中華料理が美味しいと評判のサービスです。
4つのコースがありますが、特に「ほほえみ御膳」は中華料理好きな方にも納得の美味しさです。
>> ベルーナグルメ「ほほえみ御膳」

メニュー数が多いサービス
制限食を目的として宅配弁当を利用する場合は、毎日同じ様なものを食べると飽きがきて苦痛…と感じる人もいます。
そんな方はメニュー数が多く、同じメニューばかりを食べる辛さを解消してくれるメニュー数の多いサービスを利用するのが良いです。
中でも制限食が充実しているウェルネスダイニングはメニュー数も多く、毎日食べても飽きが来ないのでおすすめです。
>> ウェルネスダイニング

準備の手軽さで選ぶ

レンジで解凍するだけで食べられる冷凍弁当タイプは、電子レンジで温めるだけなので準備が非常に楽です。
一方、惣菜が一品ずつ包装されており、湯煎での解凍・あたためが必要なものもあります。
この場合、一品ずつお皿に盛り付ける必要があるので、お弁当タイプと比較すると準備に時間がかかります。
ご高齢世帯の方は、鍋にお湯を沸かしたりなどの手間をかけないで準備ができるサービスがおすすめなので、冷凍弁当タイプか、冷蔵保存のお弁当の状態で配送されるタイプのサービスを利用するのがおすすめです。
各サービスごとに、弁当タイプか個別包装タイプかを下記まとめます。

個別包装の湯煎タイプ

冷蔵・常温で個別配送されるお弁当タイプ

サイドメニューの充実度で選ぶ

通常の食事以外にもデザート・スイーツなども揃っているサービスもあります。
子供のおやつなどを一緒に購入できるサービスもあり、冷凍保存できるのでストック用のおやつとして利用できるので便利です。

ケーキなどの甘いスイーツや、B級グルメなどのサイドメニューが充実しているサービスはこちらで特集しています。
>> 冷凍スイーツ・デザートを購入できる宅配サービスは?

ごはんや味噌汁が付属するサービス
多くの場合、宅配弁当は惣菜のみで構成されており、ごはんや味噌汁が付属していません。
中にはご飯・みそ汁も付属しているものもあるので、自宅でごはんを炊くのは面倒!という方には、ごはんと味噌汁付きのコースを購入するのがおすすめです。
ベルーナグルメの宅菜便は別途料金で、ごはんと味噌汁がセットされます。
>> ベルーナグルメの宅菜便

食材の届き方・利用可能エリアで選ぶ

サービス会社自身の自社便で配送されるサービスとヤマト運輸などの配送業者が配達してくれる全国配送対応のサービスがあります。
配送エリアが限られているサービスは、ワタミの宅食やヨシケイです。エリア内に住んでいる方の場合は、利用できますがエリア外の場合は注文ができません。
一方、配送業者を経由して配送してくれる宅配弁当サービスは、全国どこでも利用可能です。
全国配送可能なサービス

  • nosh(ナッシュ)
  • ベルーナグルメの「宅菜便」
  • わんまいる
  • ウェルネスダイニング
  • やわらかダイニング
  • ニチレイフーズダイレクト
  • 健康三彩
  • 美健倶楽部
  • 食宅便
定期便の有無で選ぶ

サービスによっては定期配達コースがあるか、その都度申し込みによる注文なのか、もしくは1週間分、1日分など申し込み方法に違いがあります。
平日の食事の分だけ頼みたいというご家庭、毎週の週末の分だけ使用したいなど、使いたい曜日が決まっているご家庭などは、定期便で注文するのが便利です。
定期便は、毎週・毎月というペースで、毎回注文しなくても自動的に食事を配送してくれるので便利です。
一方、毎回注文が必要なサービスは、食事がなくなったら注文すれば良いという形で利用頻度に合わせて柔軟に注文できるのは便利ですが毎回注文する必要があるので少々不便です。

 

また、定期便を利用した方が送料が無料になるメリットがあったり、割引価格で利用できたりと価格面でのメリットがあるサービスもあります。
毎週決まった数量のお弁当を注文することで、結果的に食費を抑えることもできるので定期便を利用するのがおすすめです。

 

まずは、自分がどのようなペースで使いたいかを決めてからサービスを選ぶのも良いですが、いきなり定期便で申し込むのはちょっと抵抗がある…という場合は、初めての方限定で利用できるお試し価格セットなどで一度食事の味や料などを実際に食べてチェックするのもおすすめです。

初回お試し割引があるサービス

  • わんまいる
  • nosh(ナッシュ)
  • ベルーナグルメの「宅菜便」
  • ウェルネスダイニング

 

初めて選ぶ時に良くある疑問

注文したお弁当の受け取り時間が指定できる?

自社便を利用しているサービス会社は、ルート配送している会社が多いので時間指定は難しいところが多いです。
ヤマト運輸や佐川急便で配送される冷凍タイプのお弁当の場合は、運送業者の時間指定配達が依頼できます。
利用する方の生活スタイルによっては、常温で届けられる自社便のサービスは利用しにくいと思います。
受け取れる時間が限られている人は、帰宅時間や食事時間などに合わせて、計画的に受け取ることができる配送業者を経由して配送されるサービスを選びましょう!

食事制限が必要な家族がいます。色々な制限食が揃っているサービスはありますか?

持病などで食事制限、食事療法に取り組む必要がある方の食事を用意したいという場合には健康食を前提として展開しているサービスを選ぶのがおすすめ。
なかでもウェルネスダイニングは、様々なな制限食の種類が豊富です。

結局の所、どこが一番美味しくて値段が安いですか?

味の好みや個人差もありますが、味の良さと価格の安さの総合的に比較してみると「nosh」がおすすめです。
まず味が美味しいこと、20食セットで購入すれば1食600円程度で購入できるので、総合評価が非常に高いです。
自分の好みに合うか不安に思う人も多いと思いますが、4食セットは3000円程度で購入できるので試してみてください。

おかず個別包装タイプはお皿が必要?

お弁当タイプの場合は、お弁当をそのまま電子レンジに入れて温めるだけですぐに食卓に並べることができますが、おかず一品ごとに包装されている場合は、湯煎での温めになります。
その場合は、お皿に盛り付ける必要があるので洗い物が出てしまうというデメリットもあります。ですが、弁当に入ったままだと味気ないと思う方にとっては、普段の食事と変わらない食卓に彩れるので良い面もあります。

毎日の献立を考えるのが面倒で利用してみようとおもいました。おまかせコースとかありますか?

献立を考えるのが面倒、1食のカロリーを把握したいという方の場合には1食が一つの容器にセットされて届けてくれるサービスがおすすめです。
ウェルネスダイニングは、管理栄養士にメニューの相談もできるので、おすすめのメニューを提案してくれます。
管理栄養士が監修した、カロリー制限弁当・塩分制限弁当・たんぱく質制限弁当など、食事制限にも対応したメニューが充実しているのでおすすめです。

セットではなく、おかずを一品ずつ注文できるものはある?

宅配弁当サービスには、その名の通りお弁当のような容器に食材をセットして配達される場合と、1食分のおかずが個別で包装されて届くサービスがあります。

 

弁当タイプのものは準備が簡単ですが、一度に全てのおかずを温めることになるので好みではないおかずが入っている場合は無理して食べなければいけないというデメリットもあります。
一方、個別包装で配送されるサービスの場合、苦手なおかずは解凍せずに家族の誰かに食べてもらうためにストックしておく、というような利用の仕方も可能です。
好みに合わせて普段の食事のメニューに1品追加するなどの自由度の高さも魅力です。
おかずが1品ずつ包装されているサービスの代表格は「わんまいる」です。セットだけでなく、好きなおかずだけを個別で注文できるので、毎日の食事メニューをアレンジしやすい点もメリットです。

 

 

TOPへ