冷凍弁当なら栄養バランスの取れた食事が食べられる!

栄養バランスの良い食事

 

冷凍弁当宅配サービスを検討するときに気になるのは、食事のメニューの栄養面や献立の内容にバランスが取れているか?という点があると思います。
また、年配の方やカロリーを気にしなければいけない方、減塩・タンパク質制限の為の健康食メニューを検討されている方は、栄養はもちろん、飽きずに食べられる献立があるか?という点はとても重要なポイントです。

 

冷凍弁当宅配サービスは、毎日の食事の準備の負担軽減や、離れて暮らす親御さんの食事として利用している方も多くいますが、冷凍弁当の食事は本当に栄養バランスが保たれているの?と不安を持っている方に知って頂きたいことをこのページで解説していきます。

冷凍弁当のメニューは毎日食べていると飽きたりしない?

冷凍弁当宅配サービスは、1セット当たり5食~7食セットで販売されているものや、夕食だけのコース7食セットなどで販売されているセットが多くあります。
そのため、毎日違う献立を味わうことができますし、毎日食べていても栄養が偏らないように配慮されています。
季節ごとの旬の食材を使った料理を食べられる冷凍弁当サービスもあり、見た目や味わい、料理のジャンルも様々です。もちろん、栄養バランスも考慮されているメニューなので毎日食べても飽きが来ず、毎日おいしい食事を楽しめます。
自分で料理を作る場合は、料理の好みや食材の買い方によって偏りがちだったりもしますよね。
ですが、冷凍弁当メニューは管理栄養士が監修しているので、毎日バランスの取れた健康的な食事を食べることができ、献立を考える必要もありません。
冷凍弁当は、毎日の食生活の悩みを軽減してくれるので多くの主婦にも人気が高まっています。

冷凍弁当は冷凍食品と何が違うの?のメニューの栄養バランスは?

冷凍弁当と聞くと、スーパーなどで購入できる冷凍食品をイメージしてしまう方もいるかと思います。
ですが、実際の冷凍弁当は、栄養面でしっかり健康的な食生活を送れることを考えて作られています。
というのも、冷凍弁当宅配サービスは年配の方の食事であったり、健康面で食事制限がある方などにも利用者が多く、その方達が毎日食べても、栄養バランスが偏らないようにと配慮されています。
利用されている方の中には自分で作るよりも健康的な食事が食べられると感じている方も多いようです。
用意されているメニューは全て管理栄養士が監修しているので、まず栄養面を第一にと考えられています。加えて、カロリー管理・塩分制限なども配慮されています。

 

また、冷凍食品に多く使われていると言われる「添加物」を使用せず、出来たての料理を急速冷凍しているので保存料なども必要ないのも冷凍食品との違いです。

料理が苦手なので栄養バランスの良い食事を作れません。何かいい方法はありますか?

料理が苦手という方は、料理を作ることもストレスに感じてしまうことも多いと思います。
料理が苦手な人は、無理に料理をすることでストレスを溜めるよりも、冷凍弁当や宅配食を利用するのがおすすめです。
冷凍弁当を利用すれば、料理の負担を減らしながらご家族の毎日の栄養バランスを考慮した食事を用意できます。
また、料理はできるけれど、忙しくて毎日何品もおかずを作ることはできない!という方は、自分の料理に冷凍弁当のおかずを1~2品追加する形で食卓に並べるのが良いです。
冷凍弁当宅配サービスの中には、単品メニューの注文も可能なサービスもあります。
ご家庭の生活スタイルや料理を用意される方の希望に合わせて利用できるので、上手に利用するのがおすすめです。
このようなメリットがあるので、冷凍弁当を上手に活用して毎日の食生活を豊かにしていくことをおすすめします!

 

栄養バランス・食事バランスのよい食事とは?

冷凍弁当

農林水産省が発表している「食事バランスガイドの適量と料理区分について」で言及されているチェックシートを見ると、年齢や性別によって適切な食事量やカロリー量、摂取すべき栄養がわかります。

 

表に従って自分の年齢と性別に従って適切なバランスが確認できますが、毎日の仕事や活動によってはそれぞれ異なります。
【出典・参考:農林水産省「食事バランスガイド」について

 

表に従って計算してみると、自分が標準よりも食事に偏りがあるか、問題ないかの目安がわかります。
まずは過去1週間の食事を書き出してみると、自分の食事内容や食の偏りなどが把握できるのでおすすめです。

 

栄養バランスが整った食事に切り替えるには?

自分自身で料理を作る場合や、外食ばかりの場合は、気分でメニューを決めてしまっているのでバランスの良い食事ができているとは思えません。
栄養バランスの良い食生活切り替えるためにもっともおすすめなのは、管理栄養士が監修した1週間分の冷凍弁当を注文するのがおすすめです。

 

栄養管理のプロが監修している食事を自宅や職場で食べられるので、1週間毎日の食事をこの健康的な食事に切り替えることで食事の栄養バランスの偏りを整えることができます。
冷凍弁当は1食当たり600円程度で購入できるので、1日3食食べた場合は2000円弱の食費が掛かります。高いと感じる方も居るかもしれませんが、一人暮らしのサラリーマンの方などは、なんだかんだと言って1日2000円以上の食費を使ってしまっているものです。
毎月必要経費と考えて1週間分の冷凍弁当を購入した方が逆にコストがかからないという考え方もできますので、健康のためにも試してみるのもおすすめです。

 

摂りすぎてはいけない栄養がある場合は?

糖尿病などで糖質制限している場合は、腎臓に不安がありタンパク質や塩分を控えている場合、またはダイエット中でカロリー制限をしている場合などは、固有の栄養素を摂取し過ぎないような食事を摂っている方もいると思います。
その場合は、それぞれの栄養素を制限している冷凍弁当を選ぶのがおすすめです。

 

制限食のラインナップが多い冷凍弁当サービスはウェルネスダイニングです。
減塩食や糖質を抑えた食事コース、糖質制限コース、タンパク質を制限したコースなどが充実しています。
毎日健康に活動するためのエネルギーはしっかり摂取しながらも、控えたい栄養素を制限できる食事なので大変便利です。

 

ウェルネスダイニングの冷凍弁当は定期的にお届けしてくれるコースに加えて、その都度注文など1回だけという申し込みも可能なサービスがあります。
週末だけだったり、平日の忙しい時だけといった、生活スタイルに合わせて申し込みもできるサービスも用意されています。

 

 

ウェルネスダイニングは毎食分が1つのトレー(お弁当のような形)で用意されているので、準備も簡単ですし、ゴミも少なく、毎食バランスの取れた食事が用意できる点で定期的な申し込みを検討されている方におすすめの冷凍弁当サービスです。
>> ウェルネスダイニングの口コミ・詳細まとめ

 

魚料理で不足しがちな栄養を

冷凍惣菜宅配サービスの「わんまいる」はお好みのメニューを自分で選んで注文することも可能で、価格も1品180円~となっています。
魚料理が充実しているので、魚からしか摂取しにくい栄養素も補うことができます。
自分でメニューを選ぶのが面倒という方でも、管理栄養士が監修した夕食メニューが用意されているので、栄養バランスの良い食事が食べられます。
冷凍された全ての食材が1品ごとに小分けで送られてくるので、自分の食べたい量だけ用意するといったアレンジも可能です。
食材やメニューの量がとても豊富なので、その都度申し込みだけでなく、定期的なお届け申し込みをされている方が多い人気のサービスです。
>> わんまいるのメニュー・口コ・ミ体験レポまとめ

 

わんまいるの魚料理の内容・感想はこちらで1食レポートしています。
>> 赤魚の煮付けセット(骨なし)【わんまいるの宅配食・冷凍弁当】
>> サバの塩焼きセット【わんまいるの宅配食・冷凍弁当】
>> 赤カレイの煮付け
>> 平アジの塩焼き
>> メバルの煮付け

 

 

わんまいるの魚料理は、お年寄りや子供にも愛される味付けに仕上げられています。遠方で別々に暮らしている親御さんへのプレゼントとして、宅配食のおかずを送っている方もいます。
年配のご家族の食事にぴったりですし、冷凍保存が可能なので食材を無駄にすることはありません。
ご自身はもちろん、親御さんの栄養面・健康面をサポートするために冷凍弁当は非常に使えるサービスなので、一度試してみることをおすすめします。

 

このページで紹介した冷凍弁当宅配サービス以外にも、味が美味しい冷凍弁当や価格の安い冷凍弁当なのでそれぞれ特集しています。
冷凍弁当選びに困ったなら是非こちらのランキンングを参考にして、冷凍弁当選びに役立ててください。
>> 冷凍弁当の比較・まとめ


このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻る