ダイエット中の食事におすすめの低カロリー冷凍弁当

冷凍弁当カロリー

 

ダイエットに取り組む方、持病をお持ちの方でカロリー計算が必要な方、年配の方で血圧などを考慮した減塩食を食べる必要がある方などは毎日の食事でも細かなカロリー計算が必要な場合が多いです。

 

ですが、料理を作る時間を取れる方は良いですが、仕事をしながらこれらの食事メニューを毎日用意するとなると、とても大変です。
また、自炊でカロリーを計算するのは難しいものです。
自炊したおかずは、厳密に言うと素材や調味料などによって想定したカロリーよりも高いか低いか分からないということがあると思います。

 

ですが、冷凍弁当や宅配食であれば、1食ごとに栄養成分量が記載されているのでカロリー・エネルギー管理はもちろん、たんぱく質・脂質・炭水化物・糖質・食物繊維・ナトリウム・食塩相当量・カリウム・カルシウム・リン・鉄などの摂取量も把握できるので便利です。

 

冷凍弁当の宅配サービスはそんな毎食のカロリー計算が必要な方にも嬉しい低カロリーメニューもしっかり用意されているのがポイントです。

 

ダイエット食におすすめ!低カロリー食ランキング

ウェルネスダイニング カロリー制限気配り食の特徴
管理栄養士によるメニュー作りで、栄養バランスに気を配りながら、美味しく食べられるメニューが用意されています。
ウェルネスダイニングのカロリー制限気配り宅配食コースは1食当たりのカロリーを240Kcalに設定された冷凍弁当です。
ご飯は付属していませんが、1食当たり4品のおかずセットとなっており、別途販売されている低糖質・低カロリーご飯(1食当り192Kcal)と組み合わせて食べても、1食当たり450Kcalに抑えられます。
1日のカロリーを1400Kcal以下に抑えられるので、女性のダイエットにもおすすめです。

低カロリーメニューでは1食240kcal、減塩食としては塩を2g以下、たんぱく制限食ではタンパク質が10g以下で用意されています。
もちろん、低カロリーメニューでもバランスの取れた内容で、主菜・副菜のバランスも良く、カロリーのことを気にせず、美味しく食べられるのがポイントです。
価格
1食当たり694円
評価
評価5
備考
初回送料無料
セット価格
7食分セット4,500円

食宅便 カロリーケア1200おかずコースの特徴
カロリーケア1200コース
1食当たり(おかず5品)の栄養分
・脂質 9.5g〜15g以下
・カロリー 200〜250kcal以下
・塩分量 2.5g以下

カロリーケア1600コース
1食当たり(おかず5品)の栄養分
・脂質 13g〜20g程度
・カロリー 300kcal程度
・塩分量 2.5g以下 食宅便のカロリーケアコースは、1食当たりのカロリーを400Kcal程度の収めたカロリー1200コースと1食当りのカロリーが530Kcalに設定された1600コースとがあります。
おかずが5種類セットされているお弁当なので、ダイエット中でも食べることの楽しみを制限しなくてもよいので、続けやすい冷凍弁当です。
価格
1食当たり620円
評価
評価5
備考
ご飯は付属していません。
セット価格
7食セット4,340円
食宅便 カロリーケア1200おかずコースの総評
食宅便のカロリーケア1200コースは、ご飯一杯を含めても1食当たり全部400kcal以下の低カロリーに設定されたカロリー制限食です。 1日3食この食事に設定すれば1日の摂取カロリーを1200kcalに抑えることができるのでダイエット中の方におすすめです。 コースの種類も豊富なので好きなメニューがあるコースをチョイスできるのも嬉しいポイントです。 またカロリ-ケア1600コースはご飯150gを加えても550kcal以下に設定されているので、男性のダイエットにもおすすめです。 ダイエット中は、ご飯や糖分の多い食べ物をカットしたり、肉や魚を減らしたりなど栄養が偏りがちですが、食宅便の冷凍弁当なら管理栄養士が監修した食事なので栄養バランスを乱すことなくダイエットが進められるのでおすすめです。

わんまいるの特徴
専属の管理栄養士が1食平均400kcal以下、塩分3.5g以下でメニューを作っており、準備も湯せんや流水で解凍するだけで簡単に用意ができます。

味に関しても元辻調理専門学校講師が監修しており、評判も良い宅配食事サービスです。

わんまいるはメニューの種類がとても豊富なのもポイントで、季節に合わせた旬の食材を使用したメニューなど、低カロリーメニューだからといって、味気ない食事にならないので、毎日飽きずに食事を楽しめます。
価格
単品惣菜180円〜680円
評価
評価5
備考
送料別
セット価格
5食セット3,480円
わんまいるの総評
美味しくダイエットするならわんまいるの健幸ディナー
わんまいるの宅配食事は、専属の管理栄養士が監修したメニューにより、塩分はもちろんカロリーも控えめに設定された献立になっているのでカロリーコントロールができます。
高血圧のお年寄りや、外食が多くメタボになりがちな単身赴任中の男性に配慮した健康的なメニューとなっているのが特徴です。カロリーが低めなので、ダイエットにも有効活用できます。

わんまいるの健幸ディナーは、管理栄養士さんによる旬の食材を使った献立を老舗のお惣菜店が手作りで作った後すぐに冷凍しているので、作り立てのおいしさを味わえるのが魅力です。
低カロリーでも美味しい食事が食べられるのでおすすめです。

ニチレイフーズダイレクトの特徴

1食当たり(おかず3品)の栄養成分
・糖質 10g以下 ・カロリー 200kcal以下 ・塩分量 2g以下 1食当りの内容量は約200g程度で、トレイに盛り付けられている冷凍弁当となります。 電子レンジで温めればすぐに食べられる簡単温め調理が可能です。
価格
1食当たり864円
評価
評価5
備考
5000円以上の利用で送料無料
ニチレイフーズダイレクトの総評
冷凍食品で有名なニチレイが販売しているカロリーの低い冷凍弁当です。 他社の冷凍弁当と比べてやや価格が高めですが美味しさはお墨付きです。 製造日から9ヶ月の長い賞味期限なので冷凍庫にストックしておけるのも魅力です。
健康三彩の特徴
健康三彩には通常のコース以外に、カロリーコントロールコースや塩分コントロールコースが用意されおり、カロリーコントロールコースは205kcal〜269kcalに設定したメニューとなっています。

内容も和・洋・中などバラエティーに富んだ内容で7食分がセットとなっており、主菜・副菜が1セットでお届けされるので、カロリーを気にせずに毎食食べられます。
価格
1食当り698円
評価
評価5
備考
送料670円 お試しセット 単品惣菜有
セット価格
7食セット4,529円

ダイエット中でも安心して美味しいものが食べたい人におすすめ

冷凍弁当には低カロリーメニューもあるの?という疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。
冷凍弁当宅配サービスのメニューには各社それぞれ低カロリーのメニューも用意されています。
例えば、当サイトでもご紹介している冷凍弁当の宅配サービスでは1食のカロリーを240kcal程度に抑えていたり、塩分を控えたい方、たんぱく質の制限がある方などに向けた健康食メニューが用意されています。

 

毎日摂取した食事のカロリーを算出しながらダイエットを行うのは、自炊をしていてはなかなか難しいものです。
自炊するとしてもわざわざカロリー計算をして夕食を作るのも大変です。

 

栄養バランスが良いものを食べながらも、カロリー制限をして簡単においしく体重を減らしたいという人におすすめなのが、宅配食事サービス「わんまいる」の「旬の手作り健幸ディナー」です。

 

ダイエット中でもお米が食べたい人におすすめ!

ダイエット中はカロリーが多い白米などを制限しなくてはいけないと考えている人も多いと思います。
おいしいお米を我慢するのは辛いものです。
しかし、ウェルネスダイニングが扱っているカロリ-制限されたご飯「低カロリー・低糖質ご飯」なら、通常のお米よりもカロリーが低いご飯が食べられます。
低糖質ご飯と低カロリー食のおかずセットの組み合わせで栄養バランスも取れていておいしい食事をとることで、健康的にカロリーダウンを目指せます。
通販で購入できるダイエット食は冷凍弁当で配送されるものが多いので、自宅の冷凍庫にストックしておけば帰宅時間が不規則な人でも、毎日宅配ダイエット弁当を食べられるのでおすすめです。

 

 

ダイエット弁当を自分で作るには?

ダイエット弁当を食べる生活に切り替えたいけれど、食費は節約したい…という場合は自分自身で簡単に低カロリー弁当を作る事も可能です。
どの会社の低カロリー食も比較的価格は安いですが、食費を節約しながらダイエットを進めたいと考えている人は自分で作る方法もおすすめです。

 

お弁当に入れる食材や料理のレシピはどうしたらいいの?と困っている方におすすめしたい食材をご紹介していきます。

 

コンビニで買えるダイエット向きの食材

最近では大手コンビニエンスストアで美味しく新鮮な惣菜が増えてきています。
その中でもダイエットに活躍してくれる食材の代表格といえば、やはり野菜です。
コンビニに販売されているサラダなどを毎日購入して食べるのも良いですが、野菜そのものを購入してスティックサラダにしてお弁当に入れるのもおすすめです。
人参や大根、キュウリなど定番のスティックサラダは手軽に食べられますし、切るだけなのでお弁当の準備も楽です。
他には、ブロッコリーを蒸したものもおすすめです。地域によっては少々価格が高い場合もあります。
安く済ませたいという場合は、もやしなどもおすすめです。1袋あたり数十円で購入購入できますし、カロリーが低いのでおすすめです。

 

野菜以外におすすめの食材は、チキンのササミです。
セブンイレブンなどの惣菜コーナーにはいつも定番アイテムとしてチキンササミが並べられています。
ササミは良質なタンパク質を摂取でき、なおかつ脂分が少ないのでダイエット向きの食材と言えます。

 

ダイエット弁当を自分で作る時に、おかずは何を入れたらいいの?と迷った時には近所のスーパーやコンビニでこれらの食材を購入してストックしておくことで、毎日のお弁当をダイエット仕様にすることができるのでおすすめです。

 

ダイエット弁当でも炭水化物は必要

ダイエット中だと言っても、完全に炭水化物や糖質を摂取しないのは危険です。
今までの食事内容で太ってしまった場合であれば、いつも自分が食べていた量やメニューを思い出してメモすることから始めるのがおすすめです。
今まで食べていたご飯の量を減らしたりするだけでも、かなり違いが出てきます。

 

特に、高校生や中学生など育ち盛りで活動量が多い世代は過度な食事制限は止めましょう。
厚労省が発表している平均的なカロリーは摂取しながら、脂分や必要以上な糖分摂取を控えることだけも違いは現れます。
必要最低限のエネルギーを摂取するためにも適度な糖質摂取、炭水化物の摂取は必要だということを心に置いておきましょう。

 

ダイエット弁当はやっぱり通販サービスがおすすめ!

ダイエット弁当は作り置きして冷凍するのが難しい食材もあるので、忙しいときには宅配冷凍弁当を利用して、作る時間があるときには自分で作るというようにすれば食費も抑えられます。
ダイエット弁当は大手スーパーなどで市販されていることもありますが、ネット通販を利用する方が寄り自分に合ったダイエット弁当を見つけることができます。
サービス各社の公式ページで購入することで、自宅まで届けてくれることはもちろん、自分の好みに合わせて毎週別のサービスを利用するということもできます。

このページをブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加
> トップページに戻る
冷凍弁当 冷凍弁当 冷凍弁当