冷凍弁当の配達時間は指定可能?

配達業者

 

冷凍弁当宅配サービスを注文しても、共働きをしているご家庭では受け取るのも難しいという方も少なくありません。
この時間なら受け取りができるので時間指定して注文したいといった場合や、別々に暮らしている親御さんご家族の食事の時間に合わせて届けてほしいと思う方も多いと思います。

 

冷凍弁当宅配サービスや宅配食サービスには、宅配業者を経由して届けられる場合と、サービス会社のスタッフが配送するタイプのどちらかのパターンで配達されます。

 

冷凍弁当宅配サービスの中には、時間を指定して配達してくれるサービスがあります。
一般的に「配食サービス」と呼ばれる、販売会社のエリアスタッフが配送するタイプの宅配食サービスの場合は、時間を指定して配送してもらうことができないサービスの方が多いです。
しかし、ヤマト運輸などの配送業者を経由して自宅に届けてくれる冷凍弁当宅配サービスは、2時間区切りでの時間指定配達が可能です。

配達時間の指定が難しいサービス

例えば、自社スタッフが配達まで行っているサービス(ヨシケイの夕食ネット、ワタミの宅食、生協の生活クラブなど)は配達に関して、お届けルートの中で配達時間が決まっていることが多いです。
個別に配送時間の希望に応えてもらうことができない場合の方が多いです。
場合によっては、配達時間の指定にも対応してくれることもあるようですが、基本的には非対応と考えておく方が良いです。
ワタミの宅食の配食サービスには、宅配BOX(カギ付きもある)が用意されており、不在の場合にはお届けで玄関先においておくというサービスがあるので、不在時でも受け取りが可能です。

配達時間の指定ができるサービス

ヤマト運輸などの宅配業者を経由してお弁当を届けてくれるサービス(ナッシュ・わんまいる・ウェルスダイニング・健康三彩など)は、2時間~3時間刻みのヤマト運輸時間指定サービスを利用することができます。
帰宅時間が遅いという方は遅めの時間指定をしておくことも可能です。
遠方で別々に暮らしているご家族の食事の時間に合わせて、配達時間を指定をしておくことも可能です。
ここで、時間指定配達が可能な冷凍弁当宅配サービスを改めてまとめておきます。

共働きで帰りが遅く、帰宅後の料理の手間も減らしたいという方の場合には、宅配業者を介して配達してくれるサービスをチョイスして利用するのがおすすめです。
時間指定できる枠の幅は広いので細かいニーズにも対応してくれます。

 

また、宅配業者を経由した冷凍弁当宅配サービスは、遠方に住む親御さんにも使いやすいサービスです。
その理由は、遠方や地方のエリアでは、配食サービスのようなサービス会社のスタッフが直接配送するタイプの場合は、近所に事業所がない場合が多く、配達エリア外の場合が多いです。
別々に離れて暮らしているご家族の方に届けてもらいたい場合は、宅配業者を経由して配送してくれるサービスがおすすめです。

 

近くに配食サービスの事業所がある場合で、いつでも受け取りが可能な場合は、ワタミの宅食などの当日作られたお弁当のサービスを利用するのもよいでしょう。
宅配スタッフが直接届けるサービスを利用するという選び方も、宅配食サービス選びの比較のポイントにもなりますし、自分に合ったサービスを探す際に選択肢が広がるのでおすすめです。


トップへ戻る