介護食に使える介護弁当通販・宅配食おすすめランキング

介護を受ける方の介護食・介護弁当としても利用できる冷凍弁当・宅配食通販サービスをご紹介します。
やわらかく調理された惣菜や、塩分が控えられたお弁当などご高齢の方でも無理なく食べられるおすすめ介護弁当をランキング形式で比較しています!

 

やわらかダイニングの特徴
やわらかさのレベルを3段階に分けているので、ある程度噛める方で少しだけ柔らかい食事にしたいという人も、料理の形は残っているけれどムースくらいのやわらかさでソフトに調理されているものなど、好みに合わせて注文出来るので大変おすすめです。
価格
7食セット4,968円
評価
評価5
備考
1食当たり710円

ウェルネスダイニングの特徴
噛む力は弱くなっていないので、通常の食事を摂りたいという高齢者の方におすすめです。
カロリーや塩分、たんぱく質のコントロールがされているので、高齢者の健康にも気遣いのあるメニューが揃えられています。
価格
7食4,860円
評価
評価5
備考
1食当たり694円

わんまいるの特徴
高齢者に嬉しい和食が美味しい宅配弁当が冷凍の状態で配達されます。冷凍されていても、高い冷凍技術によって和食の美味しさを逃さないクオリティの高さも評判です。
また、おかず単品で注文でき、安いと評判なのもポイントです。
価格
5食セット3,480円
評価
評価5
備考
1食当たり696円

ヨシケイの特徴
ヨシケイは自治体が地域の住民に対して紹介する食事補助サービスとしても有名です。
ヨシケイの宅配食の魅力と言えば、その価格の安さです。
年金生活されているご高齢者の方でも無理なく利用できる価格の安さで、多くの方に喜ばれている宅配食サービスです。
価格
3食セット1,018円
評価
評価5
備考
1食当たり330円

 

どの冷凍弁当も冷蔵保存ではなく、届けられたら冷凍で保存する必要がありますので、覚えておきましょう!

 

介護食・介護弁当におすすめの宅配食サービスはどれ?

 

家族に高齢者が居る家庭や、遠方に親がひとりで暮らしているという方におすすめの宅配食があります。

 

介護が必要な高齢者さんが居る場合、食事以外の補助にかかりっきりになってしまうことも少なくありません。
このような場合は、高齢者の方の栄養バランスも考えながら食べやすく調理するなど、介護食を準備することに思いのほか時間がかかってしまうものです。
介護を経験されたことがある方には大きな苦労の1つと言えます。

 

栄養バランスや高齢者の方の好みを考慮したりするのもなかなか大変なものです。
そんなときに便利なのが、介護食・介護弁当の宅配サービスです。

 

介護弁当はレンジで温めるだけで調理が完了できるので、食事を用意する時間が数分で済みます。
管理栄養士が栄養バランスを監修しているので、腎臓病や高血圧、糖尿病を患っている高齢者の方でも、健康状態に合わせてお弁当を注文できます。
料理のやわらかさも、3段階に分けて調理しているサービスもあり、健康状態に加えて、噛む力の程度も考慮して適した食事を用意することができます。

 

温めたお弁当のおかずを容器からお皿に一つずつ盛り付けることで、見た目にも満足してもらえる料理として提供できるので介護食を食べられる高齢者も、介護食を準備しなければならない介護従事者からしても便利なサービスです。

 

料金もサービスの会社それぞれ価格帯が異なるので、価格重視で選べばコストも低く抑えられますし、おかずだけを注文することができます。
金額が安いと美味しくないのでは?と心配される方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。
プロの料理人が作成したレシピを、管理栄養士が監修した料理なので、栄養バランスやカロリーバランスが計算されたメニュー、塩分量が低いメニュー、たんぱく質制限されたメニューだということはもちろん、味にも定評があります。

 

高齢者の方の好みのメニューも豊富で、和食が充実しているサービスもありますので、洋食ばかりだとちょっと不安、という方も心配いりません。

 

やわらかい介護弁当を提供しているサービス

噛む力が弱い方でも安心の料理を届けてくれるサービスの代表格として、「やわらかダイニング」があります。
やわらかさは3段階あり、少しだけやわらかい状態のメニュー、かなりやわらかいメニュー、ムース状に調理されたメニューから選べます。
ムース状のものでも、しっかり原形をとどめているので何を食べているかわからないというような、やわらかすぎる料理ではないのでちゃんとご飯を食べているという実感も得られます。

 

>> やわらかダイニングはどんな冷凍弁当宅配サービス?価格・コースの内容

 

高齢者向けの和食惣菜も充実

和食が好きな高齢者は多いですが、冷凍保存された和食は美味しくないのでは?と思う方がいると思います。
しかし現在の冷凍技術は和食もおいしさをそのまま冷凍保存しているので、レンジで温めると作りたてそのままの美味しさを味わえます。
中でも和食が美味しいと評判の冷凍弁当サービスは「わんまいる」です。
1食あたりの価格も安いことに加え、栄養バランスを考えられた和食が美味しいと評判です。
また、決められたメニューだけではなく、単品のおかずを自分の好みで注文できることも嬉しいポイントです。

 

定期購入に申し込めば、毎回注文しなくても毎月・毎週、設定したペースで定期的に配達してくれるので便利です。
また、定期コースに申し込んだ場合でも、電話連絡すればいつでも休止・再度開始ができるので安心です。

 

使っている食材にも定評があり、野菜は国内の農家で生産された野菜のみを使用するなど徹底した品質管理がされていることも安心ポイントのひとつです。
食事制限が必要な方に合わせたメニューもそれぞれ用意されているので、必要な栄養を摂取しばがらも取り過ぎたくない栄養をコントロールできるのもメリットです。
一部の地域を除いて5000円以上の注文の場合は送料無料で全国配送してくれるのも嬉しいポイントです。※2017年8月末で送料無料キャンペーンは終了しました。

 

冷凍弁当は添加物などを多く含んでいるのでは?という心配をする方もおられますが、昔とは違い、高い冷凍技術によって作りたての美味しさを冷凍保存することができるので、着色料や保存料を使わない調理法で作られたお弁当も提供されているので安心です。

 

 

 

遠方にいる親御さんの食事として

地元は地方で東京などの都市部で働いている方で、高齢になった親の食事について心配される方は少なくありません。
70歳を越える高齢者さんが、1人で暮らしているということが昨今では珍しくなくなってきましたが、高齢になると毎日の料理も自分1人で行うことが難しくなってくることもあります。
食材を近所に買いにいくのも難しくなってしまうという心配もあります。
遠方に1人で暮らしている親の食事として、この介護食冷凍弁当のサービスを利用される方も少なくありません。

 

最近の宅配食サービスの中には、冷凍の介護弁当を宅配業者によって配達されるものだけではなく、エリアごとに専門の配達員を配置し、毎日食事を配達すると同時に安否確認をしてくれるサービスもあります。
高齢者が1人で暮らしていると急な体調不良で倒れられた、ということも無い話ではなく、ご近所にも気づかれないまま取り返しのつかない健康状態になってしなった、というようなこともあります。
そのような事故のリスクを極力減らすために、お弁当の配達員が配達の際、安否を確認してくれるということも安心の1つとなります。
お弁当の料金だけで安否確認を行ってくれるサービスもありますし、追加料金を含めて安否確認を行ってくれるサービスなど、様々なあります。

 

安否確認を行ってくれる介護食宅配サービスの会社の多くは、冷凍弁当ではなく当日作られたお弁当を、近隣地域の店舗から配送してくれるものが多いので、温かいお弁当を食べることができます。
このようなサービスの場合、事前に献立が決まっているので前の月に翌月はどんな食事なのかを知っておけるのも嬉しいポイントです。

 

>> 安否確認もしてくれる配食サービスは?

 

器はゴミとして出せるのは回収不要

サービス会社に寄りますが介護食と言っても、病院などの食事と違い、ほとんどの介護食サービスがプラスチックのお弁当の状態で配送してくれるので器を返却したり回収してもらうという必要はありません。
受取だけで大丈夫なので、出前などと違い面倒がありません。

 

介護食・介護弁当を提供している会社はどんな会社があるの?

介護食や高齢者向けの食事やお弁当を提供している会社はいくつもあります。
注文される方の地域に支店がある会社もありますが、無い会社もあります。
冷凍弁当の状態で配達してくれる会社の場合は、近くに支店がなくても利用できます。しかし、安否確認サービスもお願いしたいという場合は、近くに支店がある会社を選ぶのが良いでしょう。

 

サービス会社の一例をご紹介します。

  • 株式会社シルバーライフのまごころ弁当
  • 株式会社ワタミの宅食
  • 日清医療食品の食宅便
  • ベネッセのおうちごはん

 

トップへ戻る