管理栄養士とは?

管理栄養士の解説

 

管理栄養士とは国家資格のひとつで厚生労働大臣の免許を受けなければその仕事に就くことはできない職種です。
一般的な食事の栄養バランスを考慮して食事のメニューを作る栄養士の知識に加え、病気などで体調が優れない方の食事の指導なども行うことができる資格です。
また給食などの献立を設定することも許されています。

 

栄養士と管理栄養士の違いは、栄養士は現在健康な方の栄養指導や給食のメニューを選定することができ、一方、管理栄養士は完全な健康な状態ではない方(疾患など持っている方)の献立を設定することができる点が大きな違いです。

 

栄養士は専門学校などの養成施設での教育を受けると資格を得ることができますが、管理栄養士は国家資格なので管理栄養士国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受諾して初めて管理栄養士となれます。

 

まずは栄養士の資格を得てから管理栄養士の勉強をして資格を得る人が多いそうです。

 

国の大臣に認可される資格で、深い専門知識を学んでいる管理栄養士は栄養に関するプロフェッショナルなので病気などに悩んでおられる方の食事のメニューを決めることができます。

 

冷凍弁当の宅配サービスや宅配食を提供している会社はほとんどどの会社も管理栄養士が監修しているメニューを提供しています。健康を維持するための食事はもちろん、病気の際に適した食事を提供するには管理栄養士の専門的知識に基づいた商品の提供が必要ですのでどの会社もこの管理栄養士さんの強力を得ているそうです。

 

冷凍弁当や宅配食を利用したいけど、この会社の食事は本当に大丈夫?と心配になった時は、そのサービス提供会社は管理栄養士さんがちゃんと就いているかを会社のWEBサイトなどでチェックして利用を検討するのが良いです。

 

管理栄養士が監修している栄養制限食

 

昨今の宅配食サービスには栄養制限をしている食事のコースが充実してきました。
近年は健康志向が高まっていることもあり、毎日の食事の栄養バランスの乱れを改善したいと思う方が増えてきました。

 

それによって、宅配食などで提供されている糖質制限食やカロリー制限食、脂質制限食やたんぱく質制限食などそれぞれ個人のニーズに合わせた食事が注目を集めています。
普段自分自身で料理を作っていてはどの栄養がどれだけ摂取できるているか、どれだけ過剰に摂取しているかなどを把握しきれないと思いますが、管理栄養士はこれらの計算を行うことができるので、徹底した栄養管理を行うことができます。

 

管理栄養士の監修を受けている制限食を提供している会社を一部紹介すると、
・ウェルネスダイニング
・日清医療食品の食宅便
・美健倶楽部
・ニチレイフーズダイレクト
・やわらかダイニング
・わんまいる
・おまかせ健康三彩

 

栄養士が監修しているメニューを提供しているのは
・ヨシケイ夕食ネット

 

などになります。

 

一部の提供会社の中には、利用者が直接管理栄養士に栄養相談を受けられるサービスを提供している会社もあります。
自分自身ではメニュー選びが不安な方は、この栄養相談のサービスを利用するのもおすすめです。

 

管理栄養士監修の制限食を提供している会社の中でもおすすめなのが、ウェルネスダイニング食宅便です。
制限食ではありますが、豊富なメニューが提供されているため美味しい食事を楽しみながら健康管理ができるという大きなメリットを得られるのでおすすめです。


このページをブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加
> トップページに戻る
冷凍弁当 冷凍弁当 冷凍弁当