無添加の冷凍弁当宅配サービスってあるの?

冷凍弁当宅配無添加

冷凍弁当の宅配サービスは毎日の食事のサポート、年配の方の介護食などで利用されている方は多いかと思います。
特に忙しい生活の中で毎日栄養バランスを考えてしっかりと食事を用意するというのが難しい時代になっている今、コンビニのお弁当でも添加物への配慮、オーガニック素材の使用など、食べるものへの健康への不安を減らしたいと考えている方は少なくありません。

 

例えばよくコンビニなどのお弁当で使用される添加物として有名なのが、トランス脂肪酸やグルタミン酸ナトリウム、カラメル色素、人工甘味料など、さらに野菜などには生産の過程での農薬の使用や植物の成長を促進させる薬剤など、思っている以上に添加物や農薬は身近な食品に使用されています。

 

無添加の冷凍弁当の宅配はある?

冷凍弁当の宅配、食材の宅配メーカーは原材料となる食材を契約農家から仕入れたり、調理の際にも出来たてを急速冷凍を行い添加物の使用を最低限に抑えたり、無添加にこだわる宅配会社が人気です。

 

多くの冷凍食品やコンビニ弁当に使用される添加物は製造コストを抑えること、保存の面を考えた使用などが基本となっており、全てが悪という考え方は極端ですが、やはり毎日の食生活ではお子さんや年配の方も含めて家族全員が安心して健康的な食事を摂れることを考えると無添加で食べられるならそれが一番と言えます。

 

冷凍弁当は味の評判が重要でもありますので、健康的な栄養バランスながらしっかりと満足できるメニューにこだわります。
また、できたてを急速冷凍してお届けすることで無添加でお届けが可能であったり、無農薬野菜を使用するなど、普段偏りがちな栄養バランスを身体にも優しく健康的に整えることにも役立つ点が魅力です。

 

 

 

添加物にはどんなものがある?

添加物といっても様々な種類があります。

 

加工食品の色を鮮やかに見せるために使われている発色剤、合成甘味料として有名なアスパルテーム・アセスルファムK、合成着色料の代表格タール色素、安息香酸Na、その他には防カビ剤、レトルト食品を始めとした多くの食品に使われている保存料・ソルビン酸・ソルビン酸Kなどがあります。

 

添加物を摂取することは、発がんのリスクを高めてしまうと言われています。
海外の国では、一般的に販売している食品には含んではいけないという添加物も日本の食品には使われている場合があります。
添加物の名称を全て覚えて、毎回食材を購入する際にチェックするのは大変です。
無添加と表記されているものを購入するのが最も安全ですが、スーパーなどで販売されている加工食品の全てをチェックするのは難しいですよね。

 

可能な限りは、普段の食事には農薬を使っていない野菜のみを使用したり、調味料も添加物を使用していないものを購入して、調理は手作りという形が最も安全ですが、手間がかかりますから毎食徹底するのは難しい場合もあります。
合成保存料・着色料不使用を使用していない「わんまいる」の健幸ディナーを予め注文しておいて、冷凍庫に保存しておけば、忙しいときの食事として重宝します。
メニューによりますが、合成保存料・着色料不使用にも関わらず、高い急速冷凍技術で美味しさをそのままに冷凍されたお弁当なので、約半年の保存が効くお弁当も用意されています。

 

わんまいるの合成保存料・着色料不使用のお弁当に使われている野菜は、国内の農家さんが生産された野菜のみを使用しているので、国外の野菜を使っているのでは?と心配している人も安心して食べられます。
管理栄養士が監修した栄養バランスのとれたお弁当なので、合成保存料・着色料不使用の心配と同時に、塩分量やカロリーなども気にしている人におすすめです。

 

わんまいるのお弁当にはその他にも、糖尿病や腎臓病の人の食事として適した栄養バランスで構成されたメニューのお弁当もあります。
総合的にみても、健康を重視する人のお弁当としておすすめできる冷凍弁当です。

 

無添加の冷凍弁当の宅配サービス ウェルネスダイニング

 


トップへ戻る