単身赴任の食事におすすめの通販食

単身赴任ランチ

 

夫が単身赴任になったら、不健康な食生活になってしまわないか、妻としては心配ですよね。
単身赴任だと賃貸や生活費などで家計の負担が増えやすく、夫には「できれば食費を抑えつつ、栄養バランスのいい食事を摂ってもらいたい」というのが妻の本音ではないでしょうか。
また、夫としては、「健康は気になるけど、好きなメニューやおいしいものは楽しみたい」という気持ちがあるようです。
今回は、単身赴任の経験がある方の食事の実例を取り上げながら、単身赴任中の食事や食費の悩みを解決するための情報を紹介します。

 

単身赴任中の食事、皆さんどうしてますか?
単身赴任中の方は、普段の食事をどのように工面しているのでしょうか?
調査した結果は以下の通りです。

  1. 簡単な自炊をする
  2. 休日に作り置きをする
  3. 妻が作った料理をまとめて持たせる
  4. 食堂や居酒屋で外食
  5. スーパーやコンビニでお惣菜やお弁当を購入する
  6. 宅配食を利用する
簡単な自炊をする

料理をするご主人であれば、自炊をすることができます。
単身赴任中の方がよく作る自炊メニューは、カレーライスや野菜炒め、チャーハン、焼きそば、鍋など簡単レシピのメニューです。
ただ、「平日仕事を終えて帰宅した後に料理をする気力や体力がない」という方も少なくないようです。
また、自炊だと「買い過ぎや作り過ぎになり、材料を余らせてしまう」という失敗談もあるようです。

休日に作り置きをする

土日などの休日に料理の作り置きをする旦那さんもいますが、これは料理が好きな男性でなれければなかなかハードルが高い挑戦といえるでしょう。

妻が作った料理をまとめて持たせる

夫が帰省した時に妻の手料理を持たせる、あるいは自宅へ郵送する、というご家庭もあります。
妻の愛情が感じられますね。しかし、料理は数日で食べ終えてしまうので、その後の食事は自分で工面する必要があります。

食堂や居酒屋で外食

単身赴任中は毎日外食をするという方法もあります。
ただし、外食派の方の多くが「近所に健康的な食事を食べられるお店がない」「つい好きなものに偏ってしまう」「お金がかかってしまう」という悩みを抱えています。
リーズナブルなヘルシー食が食べられる飲食店が近所にあれば、お財布にも体にもやさしい外食ができそうですね。

スーパーやコンビニでお惣菜やお弁当を購入する

お惣菜やお弁当を買って帰る、という選択肢もあります。
この場合は、「揚げ物や丼ものばかり選んでしまう」「体に悪そう」という悩みを抱えている方も多いようです。

 

宅配食を利用する

リサーチの結果、単身赴任中の方にもっともおすすめなのは、宅配食サービスの利用です。
特に、家事や料理が苦手な方、忙しい方、健康管理に自信がない方にはおすすめです。
次の項目からは、宅配食サービスについて詳しく紹介します。

 

宅配食とは?
宅配食サービスとは、注文した食材やお弁当を自宅まで宅配してくれるサービスのことです。
近年は共働き世帯や子育て世帯、高齢者世帯などで利用者が増加し、宅配食サービスに参入する会社も増えています。
野菜やお肉などの生鮮食品から、調理済ですぐに食べられるお弁当やお惣菜まで、さまざまな種類の宅配食サービスがあり、ネットで簡単に注文できます。
不在の場合の対応は業者によって異なりますが、不在連絡票をポストに入れてくれたり、保冷材と一緒に専用BOXへ入れてくれたりするので安心です。

 

単身赴任中に宅配食を利用するメリット

単身赴任中に宅配食サービスを利用することには、次のようなメリットがあります。
・「今日の食事どうしよう?」という悩みから解放される
・疲れて帰宅しても手間をかけずに夕食が食べられる
・栄養バランスを整えやすい
・食材を余らせることがない

 

このように宅配食サービスは、「忙しくてもおいしくて体にいいものを手軽に食べたい」という単身赴任中の方にぴったりです。

 

宅配食は単身赴任中の食事費を節約できるのか?

「宅配食は料金が高そう」というイメージをお持ちの方もいるかもしれません。
確かに、自分で食品の買い出しに行って料理をする場合に比べると、宅配食は割高であるといえます。
しかし、宅配食は外食よりも割安である他、食材を余らせることもありません。
外食派の方や、自炊派でも材料を余らせてしまいがちな方にとっては、宅配食の方が経済的であり、節約できる可能性が高いと考えられます。

 

単身赴任中の食事宅配サービスの選び方のコツ

では、単身赴任中の宅配食サービスはどのように選べば良いのでしょうか?
チェックポイントは以下の通りです。
・自宅は配達対象エリアか
・冷蔵よりも冷凍が便利!電子レンジは必須
・健康的なメニューか
・メニューが豊富で好みに合っているか
・送料や支払い方法もチェック

 

まずは宅配食サービスの配達エリアをチェックし、自宅が対象エリアになっていることを確認しましょう。
メニューは調理済のお弁当おかずだと、忙しい時や疲れている時でも準備なしですぐに食べられるので便利です。
お弁当おかずは主に、届いたその日に食べる冷蔵タイプと、賞味期限が長い冷凍タイプがあります。冷凍タイプの方が、残業や急な会食などで予定が変わっても冷凍庫に保存しておけるのでおすすめです。
解凍方法は商品によって、「電子レンジで加熱」「湯煎」「流水解凍」などさまざまですが、レンチンするだけのタイプだとより手軽です。
最近の宅配食は、栄養士が献立を考えたものや、メニューが豊富なもの、カロリー調整食のように健康に配慮したものなど、栄養バランスが良くておいしいものが増えています。
自分の好みや目的に合う宅配食を選びましょう。
価格はお弁当の代金だけでなく、送料がかかる場合もあるので確認が必要です。
さらに支払い方法もチェックしておくと安心です。

 

単身赴任中におすすめの食事宅配サービス3選

口コミやブログで評判が良く、単身赴任にもおすすめの宅配食を紹介します。すべて全国対応で冷凍タイプの宅配食サービスです。(一部利用できない地域もあります。)

 

特徴
nosh(ナッシュ)は低糖質専門の宅配食として話題の食事宅配サービスで、糖質過多になりやすい単身赴任中の健康的な食事としておすすめです。 1食当りの価格も548円と低価格なので、外食が多くなりがちな単身赴任中の食費コスト削減にも活躍してくれます!
価格
1食あたり548円~
評価
評価5
備考
定期配送のみとなりますがいつでも解約可能
配達エリア
全国
解凍方法
レンジで加熱
メニューの内容
冷凍のメインプレート・米・パン・スープ・デザート
送料
地域・内容により異なる
(初回は送料無料)
支払い方法
・クレジットカード
・代金引換
総評
公式サイトでは体重や血圧などの臨床試験結果も公開されており、ナッシュの食事を続けることでダイエットにも活躍してくれることが期待できます。 単身赴任生活を経て太ってしまった、ということがないように糖質制限されたnoshのお弁当を毎日の夕食に採用してみるのもおすすめです。

食宅便

特徴
食宅便は日清医療食品の宅配食サービスで、和食・洋食・中華・肉・魚など、色々な料理を楽しみたいというグルメな方や、健康食を取り入れたい方に特におすすめです。 好き嫌いが多い男性は多いと思いますが、食宅便のお弁当は好きなお弁当だけを1食ごとに選んで注文できるコースもあるのでおすすめです。
価格
1食あたり560円~
評価
評価5
備考
送料が安いのでお得!
配達エリア
全国
解凍方法
レンジで加熱
メニューの内容
冷凍のお弁当おかず、逸品おかず、丼など
送料
1梱包(2セット入り)につき390円
支払い方法
・クレジットカード
・口座振替
・代金引換
総評
塩分ケアなどに対応した「ケアシリーズ」のほか「低糖質セレクト」など、単身赴任中の方の健康に配慮した幅広いメニューを豊富に扱っているのも魅力です。 丼ぶりものを食べたいけれど糖質や塩分が気になる…という方にも「おうちでヘルシー丼」なら健康的で美味しい食事が食べられるのでおすすめ!

特徴
ヨシケイは冷凍タイプのお弁当の他にもミールキットも販売されているので、単身赴任中でも自分で料理を作って食べたいという方におすすめ! 冷凍タイプのお弁当「楽らく味彩」は、1食当り340円という安さなので単身赴任中の食費をとにかく安く済ませたいという時に活躍してくれます。 お弁当とミールキットを常に冷蔵庫にストックしておけば、単身赴任中でも食費を抑えながらも飽きの来ない食生活を送れるのでおすすめです。
価格
1食あたり340円~
評価
評価4.5
備考
送料無料でリーズナブル!
配達エリア
ヨシケイ営業所配送可能エリアのみ
解凍方法
レンジで加熱
送料
無料
支払い方法
地域により異なる
総評
お弁当の価格もミールキットの価格もリーズナブルかつ、送料も無料なのでコスパ重視の方には特におすすめです。 各地域のヨシケイ営業所からヨシケイのスタッフさんが直接配送してくれます。 不在時でも保冷ボックスでの受け取りが可能なので、家を空けることが多い単身赴任者の方でも無理なく利用できます。

 

単身赴任者に多い「朝食抜き」を改善する方法は?

最後に、単身赴任中の朝食問題について考えてみたいと思います。
単身赴任者のうち、「朝食抜き」は中高年の方よりも、30代くらいの若い年齢の方に多いようです。
朝食を摂取しない人は、摂取する人に比べて集中力が低下しやすいと言われており、朝食抜きが習慣になると、仕事へのパフォーマンスに影響が出てしまう可能性があります。
また、朝食を摂らないことで空腹時間が長くなり、昼食や夕食のドカ食いにつながって太りやすくなる可能性もあります。
ここでは、単身赴任中の方が朝食を摂ることを習慣にするためにおすすめの方法を紹介します。

 

すぐに食べられる朝食を常備しておく

一人暮らしの単身赴任生活では、家族が朝ごはんを用意してくれるわけではありません。
朝食を食べようと思っても朝の料理は面倒だし、少しでも睡眠時間を長くしたい気持ちもありますよね?
そこでおすすめの対策が、朝は調理しなくてもすぐに食べられるヨーグルトや納豆、チーズ、バナナ、野菜ジュース、インスタントスープ、豆腐などを常備しておくことです。
そのまま食べられる食材があると、時間がなくても朝食を摂る習慣をつけやすくなります。

 

夕方の分食で夜食を少なめにする

また、「帰宅時間が遅いので夕食の時間も遅くなり、朝はお腹が減らないので食べる気がしない」という方もいると思います。
そのような場合は、夕方におにぎりを1~2個食べておき、帰宅後の夕食は控えめにすると、朝は空腹状態で目覚めるので朝食を食べやすくなります。
朝食抜きを改善したいと考えている方は、試してみてはいかがでしょうか。

 

朝食にもぴったりな【ナッシュ】を利用する

先ほど紹介したナッシュには、朝食にもぴったりの低糖質なスープやスムージー、リゾット、パンなどが揃っています。
ナッシュの具だくさんスープとふすまパンを合わせればしっかりした朝食に、また、軽めの朝食には食べやすいリゾットやスムージーもおすすめです。

 

まとめ

単身赴任の食事におすすめの宅配食サービスについて見てきました。
「自炊は難しいけど、コンビニやスーパーのお惣菜は栄養バランスが心配だし、外食はお金もかかる」という方には、時短で食事ができる宅配食サービスがおすすめです。
自宅まで届けてくれる宅配食は、単身赴任中に栄養バランスの良い食事を手軽に摂るのにとても便利です。
宅配食の中でもレンチンするだけの冷凍おかずなら、予定が読めない時でも冷凍庫にストックでき、食べたい時にすぐ食べられます。
今はおいしさと健康にこだわったさまざまな宅配食があるので、比較して好みや目的に合うサービスを選んでみてはいかがでしょうか。


TOPへ