野菜を上手に冷凍保存するには?

野菜冷凍

野菜は毎日の食事の中で必ず入れておきたい食材ですが、鮮度が落ちやすいのが野菜のデメリットでもあります。
野菜の冷凍食品なども販売されていますが、通常の生野菜を購入したときに余ってしまった野菜をなんとか鮮度を保って保存しておきたいときもあります。
このページでは自身で冷凍保存をするための知識とコツをご紹介します。

 

 

冷凍に不向きな野菜は?

野菜にはやはり、冷凍することで野菜の繊維が壊れてしまい、美味しく食べられなくなってしまうものがあります。
冷凍に不向きな野菜は、

 

レタス・キャベツ・きゅうりをはじめ、たまねぎやじゃがいも、かぼちゃなども不向きです。
たまねぎやじゃがいもは冷凍保存しなくても比較的長期間美味しく食べられる野菜なので、冷凍はせずに常温で保存するのがおすすめです。

 

野菜の栄養を失わないための急速冷凍とは?

 

常温の状態から冷凍庫に入れ、普通に冷凍をするだけでは栄養素を失ってしまう可能性が高くなります。
しかし、一般的な冷凍食品の野菜などは急速冷凍をすることでその栄養素を失うことなく、冷凍を実現しています。

 

急速冷凍をするコツは、真空パックやフリーザーパックに野菜を家、金属トレイの上に置いて冷凍するか、アルミホイルで包んで冷凍を行うと、通常よりも早く冷凍が行われるので栄養素を失うリスクを軽減してくれます。

 

野菜についた水分は極力拭き取り、空気をしっかり抜くのがベストな状態です。
ジップロックなどの市販の真空パックを利用することで上手な野菜の冷凍を行えます。

 

購入してから数日経過した後に冷凍保存をするよりも、なるべく新鮮な状態で冷凍保存する方が、解凍後の美味しさを保てます。

 

下ごしらえした野菜を冷凍するのもOK

調理する前の野菜の状態で保存するのも問題ありませんが、下ごしらえした状態でパックに入れて保存する方法もおすすめです。
下茹でした状態でカット後にパックに入れ、同様に急速冷凍をすることで上手に冷凍保存できます。
予めカットして下茹でしておくことで、調理するときに便利という利点もあります。
毎日の料理の時間を素早くしたい人は、事前にまとめて下ごしらえして小分けに冷凍保存し、調理するときに必要な分だけ解凍して調理に使うという賢い冷凍野菜の使い方もおすすめです。

 

カット済み野菜で時短料理ができる食事セット

宅配食や冷凍弁当以外にも、カット済みの野菜を届けてくれるミールキットは野菜を使った美味しい料理を自宅で手軽に作って食べれるのが便利です。
すでに野菜や肉はカット済みなので炒めるだけで美味しい手料理を作れるのが魅力です。
野菜を豊富に摂取できるミールキットはこちらのページで特集しています。

 


トップへ戻る