冷凍弁当の宅配サービスの容器・入れ物の大きさは?

冷凍弁当宅配サービスの利用を検討している方は、届けられるお弁当はどんな容器・入れ物で宅配されるのかを事前にチェックしておきたいという方もいると思います。
冷凍庫にストックしておきたい場合は、1食あたりの容器のサイズが小さい方が多くのものを入れられるので事前に知っておくのでいいです。

 

また、お弁当を食べた後にはゴミとして出すことになるので、トレイの材質なども事前にチェックしたいという方もいると思います。
このページで冷凍弁当の容器・トレイについて解説していきます!

冷凍弁当の容器や入れ物はどんな形?

冷凍弁当の容器の大きさ

冷凍弁当宅配サービスの冷凍弁当の容器は、惣菜が1品ずつ個別に包装されているタイプと、全ての惣菜がプラスティックの容器に盛り付けられているタイプの2つがあります。
プラスチックの容器に入っている冷凍弁当は、そのまま電子レンジで温めることができます。
食べ終わった後に容器はゴミとなってしまいますが、何食分かを重ねてまとめればとても小さくまとめられるのでゴミを増やしたくないという方でも安心です。
特にご高齢世帯や、地方の自治体によってはゴミを捨てるのも有料という地域もあると思います。そんな地域でも、最小限のゴミの量に抑えられるので安心です。

 

お弁当タイプとビニール包装タイプはどちらが便利?

冷凍弁当宅配サービスには、お弁当トレイと1品ごとの包装の2つのタイプがあるとご紹介しましたが、どちらの方が便利なの?という疑問を持っている人もいます。
解説すると、それぞれのタイプごとにメリットがあります。

 

栄養管理や食事療法を行っている方の場合は、お弁当トレイのタイプがおすすめです。お弁当タイプの場合、メニューの栄養価が把握しやすいようにトレイの蓋の部分に栄養表示や原料が記載されています。
蓋を摂って毎日メモとして控えておけば毎日の摂取カロリーなどを管理しやすくなるのでおすすめです。
お弁当タイプの方が食事の準備もしやすく成分も分かりやすいため、1つの容器にセットされているお弁当タイプを選ぶ方が多いようです。

 

とにかく温めから後片付けまで手間をかけずに利用したいという場合は、おかず容器1つの盛り付けられている冷凍弁当宅配サービスを選ぶのがおすすめです。

 

冷凍弁当の容器の大きさは?

冷凍弁当の容器の大きさ

お弁当トレイのサイズは、サービスごとに大きさが異なります。
注文する前に各サービスごとのトレイの大きさをチェックするのも冷凍弁当宅配サービスを比較する時に役立ちます。

 

サービス名 トレイサイズ
nosh(ナッシュ) 約縦20cm×横20cm×高さ3cm
ニチレイフーズダイレクト タテ16.0㎝×ヨコ20.5㎝×高さ3.3cm
食宅便 縦218㎜×横164㎜×高さ27㎜(包装状態で縦240㎜×横170㎜×高さ30㎜)

その他のお弁当タイプのサービスは以下のサービスです。

1品ずつの包装タイプの場合は?

美健倶楽部の包装

 

通常の冷凍弁当宅配サービスとは違い、1品ごとに包装されている宅配食の場合は、A4用紙ほどの大きさのビニール袋に全てのおかずが冷凍された状態で梱包されています。
冷凍庫に入れると、お弁当タイプよりもややかさばります。四角い形ではないので、ぴったりと冷凍庫に収まりにくいため、中くらいの冷凍庫の大きさだとすぐにいっぱいになってしまいます。
冷凍庫が小さい家庭の場合は、1食分が1つの容器に盛り付けられたお弁当タイプの方がいいかもしれません。
また、ビニール袋のゴミが比較的多くなります。小さく潰せばかさばりませんが、ゴミの処理の手間がお弁当タイプよりも負担があるかもしれません。

 

おかず1品ごとの包装タイプで届けられるのは以下のサービスです。

まとめ

冷凍弁当を選ぶ際は味の良さや価格の安さだけでなく、梱包状態をしっかりチェックしておくことでストレスのない便利な冷凍弁当宅配サービスを選ぶことができます。
温める際の手間や片付ける際の手間を省きたい方、食事に関わる労力を省きたいご高齢世帯の方、または食事療法を行っている方の食事として利用する場合には1食の栄養価がフタの部分を見るだけですぐに把握できるお弁当タイプがおすすめです。
一方、おかずの一つとして利用したい場合には、個別包装でのお届けをしているサービスもおすすめです。

 

冷凍弁当を選ぶ際には、自宅の冷凍庫の大きさを把握しながらストックしやすいお弁当タイプを選ぶのがおすすめです。

 

トップへ戻る